クレジットカードの審査に通らない時の3つの理由と対策



最近では、ネットショッピングをはじめ、クレジットカードが使えるお店も増えてきたので、これからクレジットカードを申し込むという方も多いと思います。

ただし、クレジットカードは申し込めば必ず通るというものではありません。実際に何度もクレジットカードを申し込んでいるのに審査に通らないという人がいます。

なぜ、クレジットカードの審査に通らない人がいるのでしょうか。

そこで、この記事ではクレジットカードの審査のポイント、クレジットカードの審査に通らない理由、そして、クレジットカードの審査に通らない時の対策の3点を解説していきます。

クレジットカードの審査の前に確認すべきこと

クレジットカードを申し込む前に確認するべきことがあります。それは、自分の信用情報を確認することです。

この信用情報に問題があるとクレジットカードの審査に通ることが難しくなります。

信用情報とは、クレジットカードの申し込みの際にカード会社が顧客の信用できるかを判断するための情報のことを指します。日本では次の3つの機関がそれぞれ個人の信用情報を取り扱っています。

  • シー・アイ・シー(CIC)
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

また、これらの信用情報は3つの機関で共有されています

ここで記録される事故情報は、クレジットカードの支払いだけではなくスマートフォン本体の分割払いや奨学金の延滞なども記録されるので注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング枠をチェックする

クレジットカードの審査でキャッシングの審査は、貸金業法の総量規制という法律に基づいて行われます。総量規制とは、年収の3分の1以下までしか貸し付けができないという内容の法律になります。

例えば、年収300万円の人にはクレジットカードのキャッシング枠は100万円までしか付与されません。

総量規制は、借り入れがないキャッシング枠も対象となります。これからクレジットカードの申し込みをする場合、事前にキャッシング枠が適切か確認するようにしましょう。特に未使用のクレジットカードを複数持っている人は注意が必要です。

クレジットカードの審査に通らない3つの理由

クレジットカードの審査に通らない理由は、人によってさまざま考えられますが、すべてのクレジットカードの審査に通らない人に共通する理由が次の3つになります

  • 返済能力が低い
  • 信用情報に事故履歴が存在している
  • 信用情報にカードやローンなどの利用履歴が存在しない

以下それぞれの理由について解説していきます。

返済能力が低い

クレジットカードは、代金の後払いという性質を持っています。また、クレジットカードの支払いはボーナス一括払いを除き原則毎月払いとなります。

そのため返済能力が低い=カード会社に貸し倒れになるリスクがあると判断されるためクレジットカードの審査に通らないということが起こります。

例えば、今月の収入は50万円あるが、来月は収入がゼロの申込者と毎月10万円の安定した収入がある申込者がいた場合後者の方がクレジットカードの審査で有利になります。毎月安定した収入がある人は貸し倒れになるリスクが低いと判断されるためです。

ここでいう返済能力とは毎月収入があるかだけでなく、次の3つの要素で返済能力が高いか低いか判断されます。

  • 安定した職業についているか
  • 年収
  • 勤続年数があるか

安定した職業についているか

フリーターや派遣社員、契約社員といった、いわゆる非正規社員の場合正社員と比較すると仕事を辞める可能性が高いと判断されるためクレジットカードの審査では不利になります

また、個人事業主や農家といったいわゆる自営業者は、毎年の収入が安定しない職業の場合、毎年の収入や所得を証明する「確定申告書」に記載される内容を提出して収入が安定していることを証明する必要があります。

私の経験上、年収160万円のパート社員であってもクレジットカードの審査に問題なく通りましたので、自身の年齢や身分にあった年収を申告するようにしましょう。

継続年数があるか

就職しても転職や離職を繰り返す人は毎月の返済ができないということが考えられます。クレジットカードの審査の基準はカード会社で異なりますが、継続年数が5程度ない場合離職の傾向が高いと判断されます

信用情報に事故履歴が存在している

先に解説した通り3つの個人信用情報機関、シー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)に事故情報(延滞情報など)が登録されている状態、いわゆるブラックと呼ばれる状態のことです。

ブラックの状態でクレジットカードの審査に通ることは原則ありえないと思ってください。カード会社に貸し倒れのリスクがあると判断されるためです。

信用情報に事故情報が載る理由は次の3つがあります。

  • ローンの返済を行わないで、滞納している
  • 債務整理を行った
  • 多重申し込みをしている

ローンの返済を数か月滞納している

自動車ローンやカードローンなどのローンの返済を数か月にわたって滞納している場合、信用情報機関に金融事故として記録されている可能性が高いです。

ローンの取引先によって信用情報機関への報告はばらつきがありますが、おおむね3か月以上返済が遅れている場合は、履歴が残っていると考えていいでしょう

また、水道、ガス、電気などの公共料金の支払いが遅れている場合も注意が必要です。

債務整理を行った人は、クレジットカード審査に通らない

過去に自己破産や任意整理などの債務整理を行ったことがある場合それだけで「5年から10年の間」クレジットカードの審査に通ることはありません。

クレジットカードの申し込み履歴は半年間記録される

信用情報機関にはクレジットカードの申し込み情報も記録されているため1か月に3社以上クレジットカードを申し込むとクレジットカードの審査に通らないことがあります。カード会社にお金に困っていると思われるまたは、現金化やキャッシュバック目的が疑われるためです。

クレジットカードの申し込みを連続して行う場合少なくとも半年は期間をあけるようにしましょう

信用情報にカードやローンなどの利用履歴が存在しない

先に述べたようにクレジットカードの審査では個人信用情報機関の信用情報がチェックされます。この信用情報には過去のカードの利用履歴やローン履歴が記録されています。

この時個人信用情報機関にカードやローンの利用履歴が存在しない場合、クレジットカードの審査では過去に信用情報に事故履歴があり、その情報が取り消されたばかりの人とほぼ同じ状態とみなされます

例えば、あなたが友人にお金を貸してほしいといわれた場合、過去にお金を借りたことがあり、返済もきちんと行っていた人と全くお金を借りたことがない人がいた場合どちらが信用できるでしょうか。おそらく多くの方は後者の人の方が信用できると思います。

クレジットカードの審査でもこれと同じで信用情報にカードやローンなどの利用履歴が存在しないということはその人が毎月返済できるかわからないのでクレジットカードの審査に通らない理由になります。

クレジットカードの審査に通らない時の対策

クレジットカードの審査に通らない時はどうしたらいいのでしょうか。残念ながらすべての人が確実にクレジットカードの審査に通るという保証はできません。

一般的に審査が比較的甘いといわれるカードでも審査に通らないということは起こります。しかしながら、すべての人に共通してできることを紹介します。

クレジットヒストリーを積み上げる

クレジットカードの審査に通らない場合で、年収や勤続年数を上げるのは容易ではありません。したがって、クレジットヒストリーを積み上げることが現実的な方法であるといえます

クレジットヒストリーとは個人信用情報機関に記録されているカードの利用状況やキャッシングの利用履歴のことを指します。

以下クレジットヒストリーを積み上げる時の3つのポイントを解説します。

期日までに本人が支払をきちんと行っているか

クレジットカードの審査でクレジットヒストリーが最も良好とされる状態とは、利用金額ではなく、毎月少額でも支払いを延滞することなく行っていることです。

すでにクレジットカードを持っている場合、公共料金や携帯電話の支払いを現金からカード払いにすることでクレジットヒストリーを積むことができます。このようにクレジットカードでクレジットヒストリーを積む場合は、必ず毎月支払いがあるものをカード払いにするのがおすすめです

携帯電話を分割購入して期日までにきちんと返済する

地道な方法ですが、クレジットカードを持っていない方でもクレジットヒストリーを積み上げることができます。このように信用力を上げることでクレジットカードの審査に通りやすくなります。

デビットカードではクレジットヒストリーがつかない

デビットカードはクレジットカードと違い引き落とし口座に残高がないと支払いが行われないという点です。また、デビットカードは個人信用情報機関の信用情報を参考にしないためほぼ無審査に近いといえます。

デビットカードはクレジットカードの審査に通らない場合でも利用することができますが、クレジットヒストリーを積み上げることはできないことを覚えておく必要があります

まとめ

本記事ではクレジットカードの審査の前に確認すべきこと、クレジットカードの審査に通らない3つの理由、およびクレジットカードの審査に通らない時の対策について紹介しました。以下に内容をまとめました。

クレジットカードの審査に通らない3つの理由については以下の通りです。

  1. 返済能力が低い
  2. 信用情報に金融事故が記録されている
  3. 信用情報にカードやローンの履歴がない

また、クレジットカードの審査に通らない時のクレジットヒストリーを積み上げる際に気をつけたい3つのポイントは以下の通りです。

  • 期日までに本人が延滞なく支払いを行っているか
  • 携帯電話を分割購入し、その支払いを期日までに行う
  • デビットカードの利用ではクレジットヒストリーを積み上げることはできない

クレジットカードの審査に通らない場合、コツコツと毎月の支払いを行うなど地味ではありますが、まずはできるところから始めてみてはいかかでしょうか



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。