リクルートカードを2枚持ちでnanaco月6万円までポイント対象に



還元率1.2%のクレジットカードとして知られているリクルートカード。年会費無料でこの還元率なので私も愛用しているクレジットカードです。

実はリクルートカードは2枚持ちがお得であることをご存知でしょうか。中にはリクルートカードを2枚持ちできることを知らない方もいると思います。

そこでこの記事ではリクルートカードを2枚持ちにする方法と2枚持ちにするメリットを紹介します。

リクルートカードは2枚持ちができる

実はリクルートカードは「JCB」と「VISA/Mastercard」というブランドが選べますが、これらは発行会社が異なるため2枚持ちができるのです。

  • リクルートカードJCB:JCB
  • リクルートカードVISA:三菱UFJニコス

よって以下のような組み合わせでリクルートカードの2枚持ちが可能です。

  1. 「JCB」と「VISA」
  2. 「JCB」と「Mastercard」

つまり、リクルートカードVISAとリクルートカードMastercardの2枚持ちはできないということになります。あくまで発行会社の異なる組み合わせである「JCB」と「VISA/Mastercard」のリクルートカードの組み合わせのみ2枚持ち可能です。

リクルートカードのnanacoチャージ制限について

リクルートカードの2枚持ちを検討する理由としてリクルートカードのnanacoチャージの制限されたことが大きいと思います。

楽天カードやYahoo!Japanカードのnanacoチャージ改悪に続いてリクルートカードもnanacoチャージに制限されてしまいました。

2018年4月16日(月)より、以下の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。 合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外となります。

なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

※月間集計期間は毎月16日~翌月15日となります。

※2018年4月15日(日)以前のご利用分でも、2018年4月16日(月)以降に売上データがカード会社へ到着した場合、上記の対象となります。

対象となる電子マネーチャージ

【JCBブランド】
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica

【Mastercard(R) / Visaブランド】
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

リクルートカードにおける電子マネーチャージご利用分のポイント加算対象の改定について

ただし、リクルートカードの場合は楽天カードとYahoo!Japanカードと違いリクルートカードの場合は月3万円まではnanacoにチャージしても還元率1.2%でポイントの対象になります。そのため普通に使う場合にはさほど影響はなさそうです。

例えば、リクルートカードでnanacoに3万円分チャージすると還元率1.2%なので360ポイントが付与されます。

そこで続けて同じ月に3万円チャージしても超えた分の3万円分のポイントは付与されません。

また、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額とあるようにnanaco以外の電子マネー「楽天Edy」チャージを使った場合でもポイントは付与されません。

そこでリクルートカードで3万円を超えるチャージが必要な場合、2枚持ちを検討するか、別のクレジットカードを用意するか、月を分けてチャージする必要があります。

リクルートカードの2枚持ちでnanacoに月6万円までチャージ可能

リクルートカードのnanacoチャージ制限はカード別となっているようです。

つまり、リクルートカードの2枚持ちで月3万円×2枚=月6万円まではチャージが可能です。参考までに公式サイトでも以下のように説明されています。

それぞれのカードで、月間30,000円までがポイント加算の対象となります。

※リクルートカード(リクルートカードプラスも含む)は、お一人様につき各発行カード会社(Mastercard(R) / Visa:三菱UFJニコス株式会社、JCB:株式会社ジェーシービー)1枚ずつしか発行ができません。

複数枚のリクルートカードをご利用されている場合

リクルートカードの2枚持ちでnanacoと楽天Edyのチャージ可能

リクルートカードJCBを持っているのであればリクルートカードVISA/Mastercardの2枚持ちをすることで楽天Edyとnanacoという両方の電子マネーでポイントを効率よく貯めることができます。

リクルートカードの電子マネーの利用分のポイントは月3万円までに制限されてしまいましたが、2枚持ちで3万円+3万円=月6万円まではポイントの付与対象となります。

例えば、各種税金や公共料金の支払いなどはリクルートカードでチャージしたnanacoで行い、クレジットカードが使えないお店でも楽天Edyは使えるといった場合にチャージした楽天Edyで支払うことができます。

2枚持ちにすることでこのような使い分けもできますし、nanacoのデメリットである使えるお店が少ない点を楽天Edyでカバーすることができます。

このようにnanacoと楽天Edyの両方の電子マネーを使う方はリクルートカードの2枚持ちが最適といえそうです。

また、リクルートカードの2枚持ちをすることでVISA/MastercardとJCBでそれぞれ電子マネーのチャージ利用可能枠は異なりますので単純に電子マネーチャージの利用可能額を増やす目的でもおすすめできます。

リクルートカードの2枚持ちを検討する前に

nanacoをセブンイレブンなどの普段の買い物に使う程度であれば月3万円の制限でも問題ないと思いますが、税金の支払いなどに使う場合は月3万円で足りなくなるケースがあると思います。

そこでリクルートカードの2枚持ちをするわけですが、その前にできることを紹介しておきます。

固定資産税をnanacoで支払う場合は分割する

nanacoで月3万円を超える支払いが必要になるケースは各種税金の支払いだと思います。

その中で固定資産税など分割できるものは分割して支払うことで2枚持ちする必要がなくなります。固定資産税は4分割で支払っても一括で支払ってもトータルで支払う金額は変わりません。

少なくともリクルートカードで月3万円まではnanacoのポイント付与の対象になりますので月3万円の範囲でチャージするようにすれば問題なさそうです。

自動車税は2回に分ける

自動車税に関しては3万円を超える場合は2回に分けてチャージすることでリクルートカードの2枚持ちをしなくてもよさそうです。

自動車税は5月末が納期限となっているので4月と5月に分けてチャージするようにすればよいかと思います。

この時、固定資産税やその他税金の支払いのチャージと被る場合は注意が必要です。

軽自動車税に関しては3万円を超えることはないので特に問題ないかと思います。

リクルートカード以外で2枚持ちをする

還元率でいえばリクルートカードの2枚持ちが最強ですが、リクルートカードも更に改悪のリスクがあります。そこでリクルートカード以外と2枚持ちをするのがいいかもしれません。

以下のカードは還元率でいえばリクルートカードの1.2%には及びませんが、それでも持っておくといざという時安心です。

まとめ

今回リクルートカードの2枚持ちについて解説しました。中にはリクルートカードを2枚持ちにすることができることを知らなかった方も多いのではないでしょうか。

私もリクルートカードがnanacoチャージの制限されるまでは2枚持ちできることを知りませんでした。

とはいえリクルートカードは月3万円までは還元率1.2%のクレジットカードなので改悪とまではいえないような気がします。

nanacoに月3万円チャージすることはあまり税金や公共料金の支払い以外ではあまりないと思います。その税金や公共料金の支払いも分割するなどして月3万円までのチャージに抑える工夫をすればいいかと思います。

それでも月3万円チャージで足りない場合はリクルートカードの2枚持ちを検討するといいと思います。これで月6万円までいけます。

nanaco5万円以上の支払いをするときに注意すべきこと

2018.03.23

nanacoクレジットチャージでポイントが貯まるおすすめのカード2018

2018.03.14

リクルートカードのポイントをマイルに交換する方法・使い方

2017.10.04

リクルートカードのポイントをポンタに交換する方法・使い方

2017.10.03

リクルートカードでnanacoチャージできない?限度額に注意

2017.10.02



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。