リクルートカードでnanacoチャージできない?限度額に注意



リクルートカードでnanacoにクレジットチャージしている方も多いと思います。リクルートカードはポイント還元率が1.2%なので2017年10月現在nanacoチャージの有力候補になっています。

そんなリクルートカードでnanacoにチャージしようとしてもチャージできないことがあります。その多くの原因は限度額にあります。今回はnanacoチャージと限度額の関係について解説します。

nanacoクレジットチャージの限度額は5万円

リクルートカードに限らずnanacoクレジットチャージの限度額は5万円になります。1回のチャージ金額は5,000円からになっています。1回のチャージ額が1,000円からできる現金チャージとは違います。

1回のチャージ限度額は3万円となります。つまり、nanacoにチャージできる限度額5万円までチャージする場合、一度3万円チャージした後2万円をチャージする流れになります。

また、リクルートカードの使い方によってはクレジットチャージの利用ができくなる可能性もあります。

リクルートカード1枚でチャージできる限度額は10万円

nanacoにクレジットチャージできる限度額は5万円までといいましたが、実はこの限度額を超えてnanacoにチャージすることができます。

nanacoにはすぐに使える電子マネーとそのままでは使うことができないセンターお預かり分があります。センターお預かり分の限度額の5万円と合わせて10万までチャージすることができます。詳しくは下の記事を参考にしてくださいね。

nanacoに1枚のクレジットカードで複数チャージする方法

2017.07.14

nanacoを複数枚所持していればそれぞれチャージして支払うこともできますが、nanacoに紐つけることのできるクレジットカードは1枚となっているのでnanacoの枚数クレジットカードを用意する必要があります。

リクルートカードはnanacoチャージのポイント還元率が1.2%を誇るクレジットカードですが、ポイント還元率が1.0%以上のクレジットカードは他にYahoo!Japanカードしかありません。※楽天カードは2017年11月1日よりnanacoチャージのポイント付与対象外になるので注意!

また、複数のクレジットカードを使うとポイントが分散してしまい使いづらくなるのでできる限りリクルートカード1枚でチャージすることをおすすめします。少々面倒ではありますが、リクルートカード1枚でも紐つけるカードを変更することで20万円までチャージできます。

nanacoのクレジットカードを変更するときに気を付けたい2つのこと

2017.07.12

nanacoにはクレジットチャージの月ごとに限度額がある

nanacoにリクルートカードや他クレジットカードでチャージする場合、月ごとの限度額や回数の制限に注意する必要があります。

  • 1か月20万円まで
  • 1か月15回まで
  • 1日3回まで

1ヵ月とは、月初(1日)~月末(各月末日)まで。1日とは、0:00AM~23:59PMとなります。

このようにnanacoにはクレジットチャージの限度額や回数が設定されています。この限度額を超えてチャージする場合、日(月)をまたぐ必要があります。

リクルートカードの限度額に注意

nanacoに月に20万円まではチャージできるはずですが、月に10万円までしかチャージできないといったことがあります。

そのような場合、リクルートカードの限度額を超えてしまった可能性があります。nanacoにチャージするためにクレジットカードを利用し始めた方は特に限度額が低く設定されていることがあります。

リクルートカードに限らずクレジットカードの限度額はカード会社がクレジットカードの申込者本人の年収や職業などの情報をもとに設定されています。

私も最初にクレジットカードを作ったときは限度額が10万円しかありませんでした。それから約7年近くたちますが、最近作ったリクルートカードは最初から70万円の限度額に設定されていました。

このようにクレジットカードを使っていくうちに信用が上がっていくので最初は限度額が10万円でも30万円、50万円とアップしていきます。また、信用が上がっていくと新しいクレジットカードを作った際も限度額が上がっていることが多いです。

なのでクレジットカードを作ったばかりの方は限度額が上がるまで待ちましょう。

ちなみにクレジットカードの限度額は毎月の支払いでリセットされる仕組みになっています。したがって、リクルートカードでnanacoにチャージする前に他の支払いがないか確認しておきましょう。

もし、リクルートカードの他の支払いが影響している場合は、銀行口座の引き落としがあったことを確認してからnanacoにチャージするようにしましょう

まとめ

今回は楽天カードが2017年11月1日からnanacoポイント付与対象外になることでリクルートカードを検討している方が多いと思いこの記事を書きました。

リクルートカードを初めて作った方はnanacoの限度額やクレジットカードの限度額に注意してチャージしましょう。リクルートカードに関しては以下の記事で詳しく説明しているのでこちらも参考にしてくださいね。

リクルートカードでnanacoにポイント還元率だけではない

2017.09.30



1 個のコメント

  • 1枚のリクルートカードで、複数枚のnanacoチャージをする場合、リクルートカードでのチャージ金額は、
    毎月20万円までに設定されているそうです。今日、MUFGカードのコールセンターに聞いて確認しました。
    (もしかしたら、いずれの電子マネーへのクレジットチャージでもMAX20万円/月なのかもしれませんね。)
    nanaco一枚での毎月20万円までという制限とは別です。
    このリクルートカード側の制限事項は、クレカ評価サイトには、あまり記載がなかったので、
    私も知りませんでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ダイソン

    現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。