楽天Edyのチャージはクレジットカードで



私はコンビニの普段の買い物で電子マネーの楽天Edyを使って決済しているのですが、最初クレジットカードでのチャージ方法がよくわからず困ったことがあります。

現金でのチャージはコンビニのレジなどでもできるのですが、やはりクレジットカードを持っていればクレジットカードでチャージしたいですよね。

そこで今回は楽天Edyにクレジットカードでチャージする方法を徹底して解説します。

楽天Edyの4つのチャージ方法の違い

楽天Edyには大きく分けて次の4つの使い方があります。

  1. 楽天Edyカード
  2. 楽天Edy機能つき楽天カード
  3. おサイフケータイ
  4. iPhone+楽天Edyカード

これらの楽天Edyのチャージ方法はそれぞれ違いがあるので下に表でまとめてみました。

使い方/チャージ方法 現金 クレジットカード アプリ オートチャージ
楽天Edyカード ×
楽天カード 楽天カードのみ
おサイフケータイ
iPhone+楽天Edyカード ×

このように楽天Edyは使い方でチャージ方法が少し違います。クレジットカードでチャージする場合どの使い方でも可能ですが、パソリなどの専用のカードリーダーが必要になりますのでこれから解説していきます。

楽天Edyにクレジットカードでチャージする方法

楽天Edyにクレジットカードでチャージする場合、おサイフケータイ以外はいずれかの専用のカードリーダーが必要になります。

  • パソリ
  • 楽天Edyリーダー

このようにカード式の楽天Edyにクレジットカードでチャージする場合やや面倒になります。それに対しておサイフケータイ対応のスマホを持っていればクレジットカードの情報を登録するだけでいつでもどこでもチャージできるのでおすすめです。

ちなみにパソリや楽天Edyリーダーは楽天Edyオフィシャルショップで購入することができます。

パソリなしでクレジットカードでチャージする4つの方法

クレジットカードでチャージする場合、パソリなどの専用カードリーダーやパソコンが必要です。おサイフケータイ対応のスマホを持っていればいいのですが、iPhoneやおサイフケータイ対応していないスマホの場合クレジットカードでチャージしたい場合困りますよね。

しかし、実はパソリやパソコンを持っていない場合でもクレジットカードでチャージする方法が3つあります。

いつでもチャージ

いつでもチャージは楽天カード会員サービスの「楽天e-NAVI」であらかじめ楽天Edyにチャージする金額を決めておいてファミリーマートかサークルKサンクスの情報端末を操作することで受け取ることができます。

いつでもチャージの利用には楽天カードが必須になりますが、Edy-ポイントカードでも楽天Edy搭載の楽天カードのどちらでも可能です

アプリでチャージ

おサイフケータイ対応に対応していないスマホの場合でもNFC機能が搭載されたAndroidスマホならアプリを通してクレジットカードでチャージすることができます。アプリを使ってできることは以下の通りです。

  • 残高の確認
  • 楽天会員IDに登録しているクレジットカードからのチャージ
  • Edyの受け取り
  • ポイントチャージ(対象カードは楽天カード付帯Edy)
  • 利用履歴の確認
  • キャンペーンの確認

ただし、Edyチャージアプリは対象端末が限られているので注意してくださいね。

オートチャージ

楽天カードに付帯した楽天Edyを持っている場合、オートチャージ機能を使うことができます。オートチャージとはローソンやファミリーマートなどオートチャージ対応店舗で楽天Edyで支払う場合、支払い前の残高が設定した金額以下の時自動でチャージされるサービスです。

オートチャージ対応のお店は増えているようなので以前より便利になりました。コンビにだとローソンやファミリーマートでできますよ。以下楽天Edyのオートチャージの大まかな流れになります。

  1. 楽天e-NAVにログインし、オートチャージの設定を行います。
  2. ファミリーマートのファミポートで設定手続き※ローソンならお買い物と同時に設定完了なのでおすすめ
  3. オートチャージ対応店舗で楽天Edyで支払う
  4. 設定金額以下なら自動的にチャージ

楽天Edyにチャージする楽天カードはJCBがおすすめ

楽天Edyに楽天カードでチャージする場合、どのブランドを選べばいいのかわからない方もいると思います。結論からいいますとどのブランドを選んでもOKですが、個人的にはJCBがおすすめです

楽天カードのブランドをJCBにしておくと楽天Edyが使えるだけでなくnanacoにクレジットチャージした場合でも、ポイントが1.0%たまります。他のブランドの楽天カードを選んだ場合nanacoにクレジットチャージができません。

もし、nanacoにクレジットチャージするつもりがなくてもJCBを選んでおきましょう。あとからクレジットカードのブランドを変更するには一度解約しない限りできないので注意してくださいね。

nanacoとポイント還元率が高いクレジットカードの活用法

2017.09.11

リクルートカードVISAが楽天Edyにチャージでおすすめ

さて、私が楽天EdyにチャージするおすすめのクレジットカードはリクルートカードVISAです。リクルートカードVISAは年会費無料でありながらポイント還元率が1.2%のクレジットカードになります。楽天Edyにチャージした金額に応じてポイントがたまります。

例えば、1万円分楽天Edyにチャージした場合120ポイントたまります。実質120円割引になっているのと同じですよ。

本家の楽天カードで楽天Edyでチャージした場合の還元率は0.5%なので楽天カードでチャージするより断然お得になります。

たまるポイントはリクルートポイントですが、共通ポイントのpontaに交換することができます。なのでリクルートのサービスを利用しない方でもおすすめできます。

また、楽天Edyはローソンでキャンペーン実施していることがあるのでリクルートカードでチャージしてたまったポイントを使いやすいです。

さらにリクルートカードVISAならnanacoにクレジットチャージしてもポイントが1.2%たまりますよ

まとめ

個人的に楽天Edyはポイントをためる目的以外でもコンビニで支払いで現金を使わずに済むので使っています。私も最初は楽天Edyにクレジットカードでチャージする方法はよくわからなかったですが、やってみると意外と簡単にできますよ。

私は楽天カードの楽天Edyを使っているのですが、おサイフケータイ対応のスマホを持っていればもっと便利に使えると思います。

また、おサイフケータイ対応のスマホでない場合でもお持ちのスマホがアプリに対応していればクレジットカードでチャージすることも可能ですよ。

また、楽天カードをすでに持っている方は無料で楽天Edyを付帯することができます。ポイント還元率は0.5%ですが、オートチャージにも対応していますし、使いやすいのでおすすめです。

nanacoのクレジットチャージは楽天カードをおすすめする3つの理由

2017.07.04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。