楽天カードの限度額を学生が上げる方法



楽天カードといえば楽天市場などで使えるクレジットカードとして有名ですよね。楽天カードは学生でも作れるクレジットカードなのではじめて作るクレジットカードが楽天カードという方もいると思います。

はじめて楽天カードを作る学生さんの場合、いくらまで使えるのか限度額が気になると思います。そこでこの記事では楽天カードの限度額の上げ方や上限など学生さんが気になるであろうポイントを解説します。

楽天カードの限度額=毎月使える金額ではない

はじめて楽天カードを作るような学生さんの場合、あまりクレジットカードの限度額について詳しく知らないと思いますのでここで解説しておきます。

まず、楽天カードに限らずクレジットカードに付与されている限度額とは毎月つかえる金額ということではないということです。

クレジットカードの限度額は利用分を引き落とし口座から引き落とされると回復する仕組みとなっています。

ここで限度額が10万円に設定されている楽天カードの場合を例に解説します。

楽天カードの締め日は月末でカード利用代金の引き落としは翌月の27日となります。仮に楽天カードを限度額の10万円使った場合、その利用額が引き落とされるまでカードを利用することができません。

つまり、限度額を1か月で目一杯つかってしまうと翌月の引き落としが行われる27日までカードの利用ができなくなってしまいます

そのため限度額が10万円の場合、2か月で10万円使えると考えておきましょう。

楽天カードの学生の限度額は10万円~30万円

楽天カードに限らず学生さんが初めてクレジットカードを作る場合の限度額は10万円であることが多いようです。30万円というのはあくまで学生が作れる最大の限度額となるのでいきなり30万円の限度額が付与されることはほとんどないと思います。

楽天カードが学生でも作れる理由の一つとして限度額を10万円などの最低額に設定されていることにあります。私も学生時代に作ったクレジットカードはコスモ・ザ・カードでしたが、最初の限度額は10万円でしたよ。

楽天カードの限度額は上限を上げることもできる

正直、学生さんが最初に作れる楽天カード限度額である10万円では足りなくなる場合が多いです。上でも解説した通り限度額10万円をマックスで使ってしまった場合、翌月使えなくなります。そのため1か月に使えるのはせいぜい5万円程度ということになります。

そこで限度額を上限を上げたいと思いますよね。ただし、学生の方が楽天カードの限度額をすぐに上げることは厳しいかと思います。一般的にクレジットカードの限度額の上限を上げるには以下ような方法があります。

  • カードの利用実績を作る
  • カード会社に限度額引く上げを申し込む
  • 利用額繰り上げて返済して限度額を回復する
  • ゴールドカードを作る

限度額の上限アップには利用実績が必要となる

まず、学生の方で楽天カードの限度額の上限を上げたい方は利用実績を積み上げることがおすすめです。クレジットカードを利用しているといつのまにか限度額の上限が上がっていることがありますが、それはクレジットカード会社が信用が上がったということです。

楽天カードは無料で作れますし、入会ポイント目当てで作る方も多いと思います。しかし、入会ポイントだけもらって後は放置していると限度額の上限を上がることはないと思った方がよいです。

楽天カードの場合、ターゲットは楽天市場で買い物をしてくれる人となります。楽天市場はショップが豊富にありますので学生さんでも使いやすいと思います。

そして、利用実績を積み上げることも大事ですが、カード利用の支払いを遅延なく行うことも必要です。いくら利用実績があっても支払いを怠ってしまうとカード会社から信頼されなくなります。

利用実績を積み上げることは楽天カード以外のクレジットカードを作る際にも役に立ちます。学生さんの場合、最初の限度額が10万円であることが多いといいましたが、利用実績を積み上げることで限度額が最初から30万円に設定される可能性があります。

また、学生のうちからクレジットカードの利用実績を積み上げることは社会人になってからも役に立ちます。クレジットカードの利用実績があることで最初から30万円以上の限度額が与えられたり、審査にも通りやすくなります。

繰り上げ返済で限度額の上限は回復できる

例えば、楽天カードの限度額が10万円の場合に7万円すでに利用していると残りの限度額は3万円になります。この限度額を回復するには通常、翌月の引き落としまで待たなければなりません。

しかし、翌月の引き落とし前に繰り上げ返済をすることで限度額を回復することができます。ほとんどのクレジットカード会社は分割やリボ払いなどを利用していない限り、引き落とし前に返済することもできます。

詳しいことはカード会社のサポートデスクに電話で問い合わせしてみてください。

まとめ

楽天カードはその作れやすさはもちろんのこと、年会費無料でポイントももらえるので学生で作る方も多いと思います。限度額に関しては学生の場合、10万円程度となります。

しかし、この記事で解説した通り、利用するにつれクレジットカードの限度額は上がっていきます。学生の皆さんは最初は限度額が10万円と不便に感じるかもしれませんが、学生の間は利用実績を積み上げることを意識してみてください。

楽天カードの7000ポイントがもらえない時の対処法

2018.03.24

コンビニでGooglePlayギフトカードをクレジットカードでお得に買う方法

2017.08.30

itunesカードをコンビニでクレジットカード払いでお得に購入する方法

2017.08.25

コンビニで買えるクレジットカード「Vプリカ」とは

2017.08.03



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。