楽天カードの7000ポイントがもらえない時の対処法



楽天カードマーンのCMでおなじみの楽天カードといえば楽天市場の利用などでポイントをためることができるクレジットカードとして知られています。

そんな楽天カードですが、よくCMなどで目にするのが7000ポイントや8000プレゼントキャンペーンなどの入会キャンペーンですよね。

これから楽天カードを申し込みをする方の多くはこのキャンペーンの7000ポイント目的ではないでしょうか。特に楽天カードは他のクレジットカードと比べても入会特典がお得である場合が多いです。

しかし、キャンペーンをよく理解していないと7000ポイントがもらえないということがあります。そこで今回は7000ポイントがもらえないのはどのような場合か解説していきます。

楽天カード7000ポイントの獲得方法

まず、楽天カードの入会特典の7000ポイントや8000ポイントはすべての申込者がもらえるわけではないことに注意しなければなりません。えっ!?と思われるかもしれませんが、実は楽天カードの入会特典の7000ポイントをすべてもらうためには条件をクリアする必要があります。

申し込んだ後条件をクリアできないと7000ポイントがもらえないということになってしまいます。つまり、申し込んだだけでは7000ポイントがもらえないということです。

7000ポイントはキャンペーンの合計額である

まず、楽天カードのキャンペーンでもらえる入会特典は2つのキャンペーンを合わせたものになります。7000ポイントの内訳は公式サイトによると以下の通りです。

  • 2000ポイント:新規入会ポイント
  • 5000ポイント:カード利用特典

このように7000ポイントとは2000ポイントと5000ポイントを合算したものであることを理解しておく必要があります。

つまり、キャンペーン中に楽天カードに入会すれば必ず7000ポイントがもらえるわけではなくカードを利用しなければもらえないということになります。

では7000ポイントを確実にもらうためにはどうすればよいのか解説してきます。

2000ポイントは確実にもらうことができる

7000ポイントのうち2000ポイント分は楽天カードに入会すれば必ずもらえるポイントになります。この2000ポイントに関してはもらえないということはないはずです。

万が一もらえない場合は以下をご確認ください。基本的に楽天カードにはじめて申し込む方であれば問題なく2000ポイントはもらえるようになっています。

  • 過去お申し込み履歴があり、カードが発行されたことのある方(すでに退会された方・カード切り替えのお申し込みをされた方含む)
  • すでにカードをお持ちの方(お申し込み中・カードの到着をお待ちの方も含む)
  • ご家族や他人の楽天ユーザIDを利用してお申し込みをされた方
  • カードお申し込み時の審査において、カードが発行されなかった方
  • 本カード会員様が弊社会員規約(第19条)に基づく楽天カード会員資格の失効、もしくは楽天カード会員および楽天会員を退会されている場合
  • 重複お申し込みの場合
  • カードを受け取っていない場合

楽天カード公式ページより引用

この新規入会特典である2000ポイントは楽天カード到着後5日ほどで付与されるようです。※ポイントの受け取りには楽天e-NAVIへの登録が必要です。また、この2000ポイントは期間固定ポイントではなく通常ポイントとなっています。

通常ポイントは有効期限が1年となっていますが、ポイントを新たに獲得することで期限が延長される仕組みなのでポイントの失効は気にする必要がありません。

5000ポイントをもらうにはカード利用が必要

楽天カードのキャンペーン7000ポイントのうち5000ポイントはカード利用特典となっています。その名の通り楽天カードを利用することでポイントがもらえる仕組みになります。

例えば、2018年3月16日から行われている7000ポイントキャンペーンですと2018年3月16日(金)~2018年4月30日(月)の期間中に1円以上かつ1回以上楽天カードを利用することで楽天スーパーポイントがもらえる仕組みになっています。

期間中であれば1円でもいいのでカード利用があればよいので条件としてはかなり緩いと思います。また、カード利用期間は楽天カードの到着に1週間近くかかることから約40日程度となります。

そこまでカード利用期間は短くはないですが、カードの利用を忘れてしまい5000ポイントがもらえないということがないように気をつけてくださいね。

その他5000ポイントがもらえないケースとしては以下のような場合です。

  • 対象期間内にお申し込み完了されなかった場合
  • 楽天市場でのお買い物時に全額ポイントを使用され、対象カードの利用金額が0円となった場合
  • キャッシングのご利用分およびATM手数料
  • 明細書発行費用
  • カード年会費(ETCカード年会費など)および、楽天PINKカードの月額サービス料

楽天カード公式ページより引用

もらない場合はキャッシングの利用やカードの年会費に利用した場合なので楽天カードを普段の買い物に使えば問題なくポイントがもらえるはずです。

もし、ポイントを使う場合はポイントを全額使ってしまうとキャンペーンの対象にならないのでカードを1円でもいいので使うようにしてください。

楽天カードは楽天市場で使うのもいいですが、使い場所で困ったらコンビニなどで利用してもいいかと思います。コンビニでクレジットカードを使うのに抵抗がある方ももしかしたらいるかもしれませんが、サイン等もいりませんので簡単に支払いができます。

また、楽天カードは楽天Edyを付帯することができますので楽天Edyにチャージして使うのもありだと思います。

コンビニで使える電子マネーとクレジットカード活用法

2017.08.09

クレジットカードのコンビニでの使い方を徹底解説します

2017.06.20

5000ポイントは期間固定ポイントなので注意する

楽天カードのカード利用特典の5000ポイントは期間固定ポイントなので注意する必要があります。期間固定ポイントはその名の通り通常のポイントと違い利用できる期間が決まっているポイントになります。

そのため期間をすぎてしまうとポイントは自動的に失効という形になります。

例えば、2018年3月16日から行われているキャンペーンだとカード初回利用日の翌月20日頃ポイントが付与されますが、有効期限はそのポイントが付与された日の翌月末までとなります。分かりやすく表にまとめると以下のようになります。

カードを利用 ポイント付与 有効期限
3月 4月20日頃 5月31日まで
4月 5月20日頃 6月30日まで

このように入会キャンペーンの期間固定ポイントが利用できるのはポイントが付与されてから約40日間ということになります。期間固定ポイントは楽天e-NAVIでも確認することができますのでうっかり期間固定ポイントを使うのを忘れることがないようにしたいですね。

まとめ

この記事では楽天カード新規入会キャンペーンの7000ポイントがもらえない場合について解説しました。ここでもう一度振り返ってみましょう。

  1. 7000ポイントは2000ポイントと5000ポイントの合計である
  2. 2000ポイントは新規入会で必ずもらうことができる
  3. 5000ポイントはカードの利用がなければもらえない
  4. 5000ポイントは期間固定ポイントなのでポイントの失効に気をつける

この点に気をつけさえすれば7000ポイントがもらえないということはないはずです。

nanacoと楽天Edyを比較してみました

2017.12.23



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。