nanacoポイントの使い方・お得なのは?



nanacoカードをセブンイレブンで使うとためることができるnanacoポイント。セブンイレブンで普段の買い物をしているとたまっていきますよね。

そんなnanacoポイントですが、使い方がよくわからないという方も多いと思います。私もnanacoカードを作った当初はnanacoポイントの使い方が分かりませんでした。

そこでnanacoポイントのお得な使い方を紹介します。

nanacoポイントとは

nanacoカードは電子マネーとポイントカードが一体になったものでnanacoポイントの残高と電子マネーの残高はそれぞれ別のものとして扱われています。

nanacoカードの電子マネーの残高はセブンイレブンなどで買い物などに使えますが、nanacoポイントは即座に使うことができません。つまり、nanacoポイントは電子マネーの残高に反映させるなどしないと使うことができないポイントとなっています。

ローソンのpontaやファミリーマートのTカードのようなポイントカードとポイントの使い方が違うので注意してください。

また、ローソンのpontaやファミリーマートのTカードのようなポイントカードは提示すれば現金払いやクレジットカード払いでもポイントがたまりますが、nanacoポイントはnanacoで支払った場合に付与されるポイントになります。

nanacoカードは一部のクレジットカードでチャージすることでnanacoポイントに加えてクレジットカードのポイントもためることができますよ。現金でチャージしてもnanacoポイントしかたまりませんが、クレジットカードのポイントが付与される分断然お得になります。

nanacoチャージでクレジットカードのポイントがたまる4枚を厳選!!

2017.07.03

nanacoポイントは有効期限に注意

nanacoポイントはポイントが付与されてから翌々年の3月末までに交換するなどしない限り失効してしまいます。例えば、2017年4月から2018年3月末までに取得したnanacoポイントは2019年3月末には失効してしまいます。

一方、ローソンのpontaやファミリーマートのTカードのようなポイントにも有効期限はありますが、有効期限内にポイントが付与されるか使うことで失効されない仕組みになっています。nanacoポイントにはこのような仕組みはないので注意が必要になります。

nanacoポイントの使い方

nanacoポイントに基本的な使い方として電子マネーの残高として使う方法があります。nanacoポイントを電子マネーに交換するにはセブンイレブンのレジで「ポイント交換お願いします」と伝えましょう。

後はレジ横の端末にnanacoをかざせば店員さんがnanacoポイントを電子マネーの残高反映してくれるはずです。このようにnanacoポイントはそのままでは使うことができないのでやや面倒ではありますが、有効期限までに交換することを忘れないようにしましょう。

nanacoポイントはチャージする場合と違い1ポイントから交換することが可能です。たまっているポイントをすべて交換することもできますし、一部のポイントだけ交換することもできますよ。

また、nanacoポイントがたまっていればチャージした金額以上の買い物をした場合でもポイント交換することを店員さんに伝えれば差額をnanacoポイントで支払うこともできます。

セブンATMではnanacoポイントの交換はできない

nanacoカードはセブンイレブンに設置してあるセブンATMでチャージや残高確認をすることができます。しかし、nanacoポイントの交換はできないようになっています。

つまり、nanacoポイントをnanaco電子マネーに交換したい場合、レジで交換するしかないです。セブンATMで手軽に交換できればよかったのですが、できないものは仕方ないですね。

セブンネットショッピングでnanacoポイントを使える・たまる

nanacoカードでたまったnanacoポイントは電子マネーに交換しないと使うことができませんが、セブンネットショッピング などのオムニ7のサイトで買い物をするときに使うことができます。

また、税抜き100円ごとにnanacoポイントが1ポイントたまる仕組みになっています。ネットショッピングを利用する方にはお得な使い方です。

nanacoポイントをマイルに交換する

nanacoポイントの使い方としてはnanaco電子マネーに交換する以外ANAマイルにも交換することができますよ。nanacoポイントを交換できるマイルは以下の通りです。

  • ANAマイル:nanacoポイント500ポイント→ 250マイル
  • ANA SKYコイン:nanacoポイント500ポイント→ 500コイン

交換先はこの2つだけと少ないですが、マイルをためている方にはお得な使い方になります。もちろんnanacoポイントをANAマイルに交換するには「nanaco会員」かつ「ANAマイレージクラブ会員」である必要があります。

まとめ

ここまでnanacoポイントの使い方を紹介してきました。nanacoポイントは他の共通ポイントと違い使い方が異なることがわかったのではないでしょうか。

せっかくnanacoポイントをためても使い方がわからないために失効してしまったらもったいないですからね。ポイントのたまる仕組みや使い方をよく知っておく必要があります。

個人的にnanacoポイントの使い方はnanaco電子マネーに交換するかANAマイルに交換するのがおすすめです。またはネットショッピングを利用している方ならセブンネットショッピングで使うのもおすすめです。

たまったnanacoポイントはnanaco電子マネーに交換することで税金の支払いにも使うこともできますよ。

nanacoとクレジットカードで税金を安くする方法

2017.07.19

nanacoをお得に使うならクレジットカードを利用してnanacoポイントに加えてクレジットカードのポイントもためたいところです。

nanacoのクレジットチャージは楽天カードをおすすめする3つの理由

2017.07.04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。