セブンイレブンの年賀状をnanaco払いでポイントをためる方法



毎年、年末が近づくにつれて年賀状をどうしょうかと思いますよね。早めに年賀状を用意しておかないとあっという間に年末ですからね。

年賀状は郵便局で買ってもいいのですが、平日忙しくて中々買いにいけないという方もいると思います。そんな方でもコンビニでも年賀状が買えるので便利ですよね。

年賀状が買えるコンビニは多いですが、大手コンビニのセブンイレブンで買う場合、nanacoポイントはたまるのか疑問に思う方もいると思います。そこで年賀状の購入でnanacoポイントがたまるか解説します。

セブンイレブンの年賀状はnanacoポイントはつかない

セブンイレブンではnanacoカードの電子マネーで買い物をするとポイントがたまっていく仕組みになっていて税抜100円で1ポイントが貯まります。たまったnanacoポイントは1ポイントをnanaco電子マネー1円に交換することができます。

しかし、セブンイレブンではnanacoポイントの対象外の商品もあります。年賀状もその一つでnanacoポイントがつかないようになっています。

nanacoポイントがつかない場合でもポイントをためる方法

2017.09.08

セブンイレブンでは年賀状印刷とハガキ代金がnanaco払いOK

セブンイレブンでは年賀状はnanacoポイント付与の対象ではありませんが、年賀状印刷サービスと年賀状ハガキ代金ともにnanaco支払いができます。

そもそもセブンイレブンではほとんどnanaco支払いができます。ちなみにnanaco支払い不可は以下の場合のみになっています。

  • nanaco発行手数料
  • nanacoへのチャージ
  • 他電子マネーへのチャージ

また、セブンイレブンでは年賀状印刷サービスに関してはnanacoや現金以外のクレジットカードやその他電子マネーでも支払いができます。

ただし、年賀状ハガキ代金に関してはnanaco、QUOカード、7&i商品券で支払った場合はnanaco支払いができますが、、QUICpay、Edy、iD、交通系電子マネー、auWALLET、クレジットカードで年賀状印刷代金を支払った場合、nanacoは使えないようなので注意してください。

このような違いがあるので年賀状印刷サービスもnanaco支払いにすることをおすすめします。

セブンイレブンで年賀状をnanaco支払いにするメリット

セブンイレブンで年賀状をnanaco支払いにしてもnanacoポイントはたまらないので現金支払いと変わらないと思うかもしれません。

しかし、nanacoカードはセブンイレブンで現金でもチャージすることができますが、実は一部のクレジットカードでチャージした場合にクレジットカードのポイントをためることができます

nanacoカードに現金でチャージしてもポイントは一切つきませんが、一部のクレジットカードはチャージするだけでポイントがつくようになっています。このポイント分だけ実質年賀状代金を節約できるのでお得になります。

ただし、nanacoチャージでポイントがたまるクレジットカードは限られています。nanacoにチャージできるクレジットカードでもポイント付与の対象外となっているカードも多いです。

また、ポイント還元率も0.5%以下のクレジットカードも多くですが、できれば下の記事を参考に1.0%以上クレジットカードを選ぶことをおすすめします。せっかくセブンイレブンで年賀状を買うなら還元率の高いカードでチャージして代金を少しでも節約したいところです。

nanacoとポイント還元率が高いクレジットカードの活用法

2017.09.11

まとめ

  • 年賀状サービスではnanacoポイントはつかない
  • nanaco支払いが可能
  • 一部クレジットカードでチャージすることで年賀状代金の節約に

このようにセブンイレブンではクレジットカードでチャージしたnanacoで年賀状代金を支払うにすることでポイント分節約になります。

セブンイレブンでは年賀状に限らずnanaco支払いにすることでお得になる商品やサービスが多いので試してみてください。

Amazonギフト券はnanacoで!ポイントをためる最もお得な方法

2017.09.05

nanacoでポイントをためて公共料金や税金を節約する方法

2017.09.04



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。