nanacoでquoカードを購入してお得にポイントをためる方法



セブンイレブンで使える電子マネーであるnanacoカード。そんなnanacoカードが他の電子マネーと大きく違う点はセブンイレブンでほとんどの商品やサービスに使うことができるということ。

例えば、quoカードなどの金券類もセブンイレブンでnanacoで買うことができます。そこで今回はnanacoでクオカードを購入することでポイントをためる方法を紹介します。

1万円のクオカードを購入する

セブンイレブンでお得にクオカードを購入するには1万円分を購入すると最もお得になります。実はあまり知られていないようですが、クオカードを購入した場合、次のようにおまけとして額面以上の金額を使うことができます。

  • 5,000円:5,070円分使うことができる
  • 10,000円:10,180円分使うことができる

このようにクオカードはおまけがついてくるのでその分お得に買い物をすることができます。ちなみにおまけがつくのは5,000円と10,000円のクオカードのみとなっています。それ以下の金額のクオカードを購入してもおまけがつかないので注意が必要です。

ポイント還元率にすると1.8%になります

10,000円のクオカードを購入した場合、おまけの180円という金額はポイント還元率で考えてみると1.8%になります。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%から1.0%程度であることからもクレジットカードよりもお得になるといえます。

クオカードが使えるコンビニなどではクレジットカードよりも断然クオカードで購入した方がお得になります。

ちなみに5,000円のクオカードを購入した場合、ポイント還元率にすると1.4%なので10,000円分のクオカードを購入した方がお得です。

クオカードをnanacoで買おう

セブンイレブンであればクオカードをnanacoで買うことができます。nanacoはクオカードに限らずセブンイレブンでほとんど支払いに使える便利な電子マネーです。

しかし、nanacoでクオカードなどの金券を購入した場合、nanacoポイントは付与されない仕組みになっています。そこでクレジットカードでチャージする必要があります。

この方法であればクレジットカードのポイントをためることができます。例えば、リクルートカードでnanacoにチャージした場合、ポイントの還元率は1.2%になります。

そのリクルートカードでチャージしたnanacoで1万円のクオカードを購入した場合、1.8%+1.2%で3.0%ものポイント還元率になります。

ちなみにnanacoにチャージできるクレジットカードでもポイント付与の対象外のカードも多いので注意が必要です。

例えば、楽天カードは以前はnanacoチャージで1.0%のポイントがたまるクレジットカードとして知られていましたが、nanacoチャージはポイント付与の対象ではなくなりました。

nanacoチャージでポイントがたまるクレジットカードにつきましては別の記事で紹介していますので参考にしてくださいね。

nanacoとポイント還元率が高いクレジットカードの活用法

2017.09.11

クオカードはセブンイレブン以外で使おう

セブンイレブンでnanaco払いでクオカードを購入した場合でもセブンイレブン以外でも使うことができます。むしろ他のコンビニなどで使った方がお得になります。

セブンイレブンでクオカードを使った場合、nanacoポイントはたまりません。nanacoポイントはnanacoの電子マネーで支払った時にたまるポイントだからです。

また、セブンイレブンではnanacoで支払うとボーナスポイントがもらえる商品のあるのでnanacoで支払った方がお得であることが多いです。

一方、その他の大手コンビニのローソンやファミリーマートではTカードやPontaカードを提示することでそれぞれポイントがたまります。

これらのポイントはクオカードを使った場合でもためることができます。

クオカードはその都度購入する手間がかかる

クオカードはnanaco支払いで購入することで電子マネーやクレジットカードよりもお得になるケースが多いです。しかし、その反面クオカードはその都度セブンイレブンで購入する必要があります。

更に事前にnanacoにクレジットカードでチャージする必要もありますから手間がかかるのがデメリットになります。

まとめ

ここまでセブンイレブンでnanacoでクオカードを購入するとお得になる方法を解説しました。しかしながら、ポイント還元率は魅力的ですが、個人的にはやはり手間がかかりすぎるのであまりおススメできない方法になります。

私の場合はセブンイレブンではnanacoでその他のコンビニでは楽天Edyを使うようにしています。クオカードと比較するとポイント還元率では劣りますが、決済スピードは速いのでストレスを感じることはありません。

ポイント還元率と手間どちらをとるか悩むところですが、自分がどの程度労力をかけられるか考えて選ぶことをおすすめします。

nanacoとwaonを比較してみました

2017.12.28

nanacoと楽天Edyを比較してみました

2017.12.23

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。