nanacoにQUICPayを追加してクレジットカードのポイントをためる方法



QUICPayというチャージ不要でクレジットカードから直接引き落としになる後払い型の電子マネーがあります。

そんな電子マネー「QUICPay」はセブン&アイが発行している電子マネー「nanaco」に追加して使うことができることをご存知でしょうか。

そこで今回はQUICPay(nanaco)(クイックペイ ナナコ)とクレジットカードを併用したセブンイレブンなどでお得になる方法を紹介します。

QUICPay(nanaco)(クイックペイ ナナコ)とは

nanacoカードの裏面にQUICPayマークがついている場合、QUICPayの利用登録をすることでnanacoカード1枚でQUICPayとnanaco両方の電子マネーを使うことができます。以下QUICPayとnanacoの特徴を表にまとめてみました。

  nanaco QUICPay
チャージ 必要 不要
ポイント nanacoポイント クレジットカードのポイント
1回の利用限度額 5万円 2万円
セブンイレブンの利用 100円で1nanacoポイント 200円で1nanacoポイント
チャージ額 5,000円~ 利用額に応じて変わる

nanacoは事前にチャージする必要がありますが、QUICPay(クイックペイ)はチャージ不要の電子マネーで後払い型(ポストペイ)と呼ばれています。

nanacoの場合、支払った金額に応じてnanacoポイントが付与されますが、QUICPayの場合、独自のポイントはありません。代わりに登録しているクレジットカードのポイントが付与されます。

ただし、セブンイレブンでnanacoカードのQUICPay機能を使って支払った場合、200円につき1nanacoポイントが付与されます。同じようにnanacoで支払った場合は100円につき1nanacoポイントになります。

そのためわざわざQUICPayで支払うメリットがないように思えますが、QUICPayはクレジットカードのポイントがたまりますのでポイントの2重取りができます。

ただ、nanacoもクレジットカードでチャージすればポイントの2重取りができます。したがって、登録するクレジットカードにもよりますが、nanacoを使った方がお得といえそうです。

一方QUICPayの場合クレジットカードでチャージする手間がかからないので面倒な場合QUICPayを使うのもありだと思います。

また、nanacoカードは1回のチャージ最小額が5,000円になりますが、QUICPayの場合は、クレジットカードから直接引き落としになりますで数百円単位でもチャージができます。したがって、nanaco加盟店での利用頻度がさほど多くない人にとっては残高を持て余さずに済むメリットがあります。

nanacoチャージでクレジットカードのポイントがたまる4枚を厳選!!

2017.07.03

少々面倒ではありますが、還元率だけならセブンイレブンでクレジットカードでチャージしたnanaco払いでクオカードを買うという方法もあります。

クオカードをコンビニでお得に購入する唯一のクレジットカード活用法

2017.07.11

QUICPay(nanaco)(クイックペイ ナナコ)の使い方

QUICPay(nanaco)の使い方はnanacoと同じようにクイックペイ対応店舗のレジで「クイックペイで」と伝えるだけでです。あとはカードを端末にかざすだけで支払いが終わります。

ただ、QUICPay(nanaco)をセブンイレブンなどで使う場合、nanacoカードを見せないように工夫することをおすすめします。

セブンイレブンの店員さんによってはnanacoにQUICPay機能がついていることを知らないことがあります。QUICPay(nanaco)はnanacoカードにQUICPayを追加して使うので見た目はnanacoカードになります。

なのでクイックペイで支払う旨を伝える前にnanacoカードを見せてしまうと先に店員さんがnanaco支払いの操作をしてしまうことがあります。

したがって、QUICPay(nanaco)で支払う場合は、ICカードケースを利用するなどnanacoカードを見せないようにするといいでしょう。私もnanacoカードをICカードケースに入れて使っていますよ。

QUICPay(nanaco)のポイント付与のタイミング

セブンイレブンでnanacoカードのQUICPayを利用した場合、nanaco利用とポイント付与のタイミングが違うので注意してください。QUICPayのポイント付与のルールは以下の通りです。

  • nanacoポイントは前月16日~当月15日のセブン-イレブンでのQUICPay(nanaco)ご利用分に対し、翌月5日に加算されます。
  • nanacoポイントは翌月5日6:00AM以降に、お近くのセブン-イレブン、セブン銀行ATM等での残高確認またはチャージ後にカードに反映されます。

    QUICPay(クイックペイ)TMの申し込み方法より引用

このようにnanacoとQUICPay利用時のnanacoポイント付与ルールが違います。nanacoポイントの付与がされない場合でもおそらく反映されていないだけなので反映されるまで気長に待ちましょう。

また、セブンイレブンにはnanacoで払うとボーナスポイントがつく商品がありますが、nanacoのQUICPayで支払ってもボーナスポイントが付与されますよ。

QUICPay(nanaco)に登録できるクレジットカード

QUICPay(nanaco)を利用するにはクレジットカードが必要になります。QUICPayの種類によって利用できるクレジットカードが異なりますが、QUICPay(nanaco)の場合は以下の通りになります。

  • JCB
  • セディナカード
  • セブンカード

その中からクイックペイnanacoに登録するおすすめのクレジットカードを紹介します。

JCBオリジナルシリーズ

JCBオリジナルシリーズはJCBが発行しているクレジットカードになります。基本的な還元率は0.5%なので他のクレジットカードと比較してもあまり高還元なイメージはないと思います。

しかし、実はセブンイレブンは「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」の加盟店になのでJCBオリジナルシリーズをセブンイレブンで使用するとポイントが3倍になります。

さらにクレジットカード決済だけでなくJCBオリジナルシリーズを指定したQUICPayの支払いでもポイントが3倍になります。

つまり、セブンイレブンでJCBオリジナルシリーズを登録したQUICPay(nanaco)で支払うと、1.5%のOkiDoki Pointに加えて0.5%のnanacoポイントがたまります。JCBオリジナルシリーズは主に以下のようなカードがあります。

  年会費 特徴
JCB一般カード 1,350円 スタンダードなカード
JCBゴールド 10,800円 空港ラウンジサービスや保険あり
JCB CARD EXTAGE 無料 29歳以下一般カード
JCB GOLD EXTAGE 3,240円 29歳以下向けゴールドカード

JCB EIT

JCB EITはJCBが発行している年会費無料のリボ払い専用クレジットカードになります。リボ払い専用のクレジットカードなので抵抗のある方もいるかもしれませんが、リボ払いの金額を利用限度額に設定することで一括払いのように手数料を気にせずに使うことができますよ。

JCB一般カードの場合、年会費無料の条件が年間50万円以上利用する必要がありますので結構ハードルが高いです。一方JCB EITは年会費永年無料なので少額利用でも使いやすいクレジットカードになります。

また、このクレジットカード最大のメリットが 最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯するということ。年会費無料でありながら海外旅行保険が自動付帯となるクレジットカードはほとんどありません。

例えば、楽天カードなどは旅行代金の一部を楽天カードで実際に支払う必要がある利用付帯になります。JCB EITの場合は、自動付帯なのでクレジットカードを取得するだけで有効になります。つまり、一切使わなくても御守り代わりに持っておくだけでもお得になります。

JCB EITのポイント還元率は1.0%なのでJCBが発行するクレジットカードとしては高還元になります。したがって、QUICPay(nanaco)と紐付けてセブンイレブンでQUICPayで支払うと+0.5%のnanacoポイントが付与されるので合計1.5%還元となりますよ。

まとめ

今回はQUICPay(nanaco)について解説しました。正直クイックペイが使えるお店ではクレジットカードが使えるお店も多いです。なのでわざわざクイックペイを使うまでもなくクレジットカードを使った方がいいでしょう。

クイックペイを使うとしたらコンビニがメインになるのではと思います。特にセブンイレブンではQUICPay(nanaco)で支払うことでクレジットカードのポイントに加えてnanacoポイントがたまります。

クイックペイの利点はチャージする必要がないということ。nanacoの場合は、5,000円からしかチャージできないのですが、クイックペイなら数百円単位で利用したい場合でも使いやすいのでおすすめです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。