nanacoの年会費や発行手数料を無料にする方法



セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで使える電子マネーカード「nanaco」。私はnanacoを手に入れてからセブンイレブンでよく利用していますよ。

nanacoはセブンイレブンで使えないものはないぐらい使えるのでぜひ持っておきたい1枚です。そんなnanaco初心者にとって年会費が必要なのかや無料で作れるのか気になりますよね。

そこで今回はnanacoの年会費や無料で使うことができるのか解説します。

nanacoの年会費は無料

nanacoの年会費については無料で利用可能になっています。しかも一度作ってしまえば更新手続きなど面倒な作業も必要ないのもポイントです。

ただし、nanaco発行時に発行手数料が300円(税込)かかります。つまり、年会費は無料ですのでnanacoの発行にかかる費用は300円のみということになります。

300円かかりますが、nanacoカードはポイントカードでもありますからポイントで十分相殺できる金額だと思います。nanacoで300円分のポイントをためるには約3万円の利用が必要ですが、そこまでハードルは高くないと思います。

むしろnanacoを持っていると税金や公共料金の支払いに使えたりとメリットしかないです。私もnanacoを作ってから現金支払いには戻れなくなりました。

nanacoのメリットに比べれば正直300円は安いと思いますが、いくつか無料で作る方法があります。

セブンイレブンのキャンペーンで入手する

セブンイレブンでは定期的に新規入会キャンペーンを実施しています。nanacoを新たに作るならこの時がおすすめです。

キャンペーンの内容は時期によって変わりますが、無料になったり、300ポイントがプレゼントされるなどがあります。

nanacoポイントはそのままでは使うことができませんが、電子マネーに交換することができます。1ポイントは1円なので300ポイントは300円分の価値があります。つまり、300ポイントがもらえるということは300円の発行手数料が無料になりようなものです。

また、すでにnanacoを持っている方でもキャンペーンを利用して2枚目のnanacoカードを作るのもおすすめです。nanaco初心者の方にはnanacoを2枚持つ必要があるか疑問に思うかもしれません。

しかし、nanacoは1枚でチャージできる金額が5万円が限度なので5万円以上の支払いが必要な時に困ります。普段の買い物であれば5万円もあれば十分ですが、nanacoの場合は公共料金や税金の支払いにも使いますらそのような場合に必要になります。

ただ、実のところ1枚のnanacoでも工夫すれば10万円の支払いが可能です。詳しくは別の記事で紹介していますので参考にしてくださいね。

nanacoに1枚のクレジットカードで複数チャージする方法

2017.07.14

nanacoのクレジットカードを変更するときに気を付けたい2つのこと

2017.07.12

nanacoにクレジットカードでチャージできない3つの原因と対策

2017.07.08

イトーヨーカドーの8のつく日で入手する

イトーヨーカドーでは毎月8日・18日・28日は「ハッピーデー」というキャンペーンを実施しています。この時にnanacoを作ると発行手数料が無料になります。ただし、その場で1,000円以上のチャージが必要になります。

ただし、問題点としてはお住まいの地域によってはイトーヨーカドーの店舗がない場合があります。私は九州住みですのでイトーヨーカドーの店舗がないのでセブンイレブンで作りました。

クロネコメンバーズnanaco

実は本家のnanaco以外にもnanacoカードがあります。ヤマト運輸のサービスのひとつクロネコメンバーズでnanacoカードを作ることができます。

年会費も本家nanacoと同様に無料となっています。更に発行手数料も無料となっています。一見すると本家よりお得に思えますが、クレジットチャージができないという致命的な落とし穴があります。

いくら発行手数料が無料といってもクレジットカードでチャージできないとなるとクレジットカードのポイントの還元を受けることができません。

個人的にはnanacoを活用する上でクレジットカードでチャージすることは必須だと思っていますのでセブンイレブンでの利用に使う目的で作るのはあまりおすすめできないです。

もちろんクロネコメンバーズnanacoはヤマト運輸の配送割引などのメリットがありますのでそれ目的に作るのはOKです。

nanaco活用術!宅急便の支払いでもポイントがたまります

2018.03.20

nanacoとしてクロネコメンバーズカードは使い道はあるのか

2018.03.17

セブンカード・プラスでnanacoを無料に

セブンカード・プラスというセブン&アイグループが発行しているクレジットカードがあります。セブンカード・プラスの特徴はクレジットカードとnanacoカードが一体になっているという点です。

通常のnanacoであればクレジットチャージをするにはクレジットカードを別に用意して紐付ける必要があります。セブンカード・プラスならばその面倒な手間を省くことができます。

年会費は初年度は無料ですが、2年目以降はクレジットカードの利用額が5万円以上で無料になります。セブンカード・プラスはnanacoにチャージすることができますから公共料金や税金の支払いに使う目的ならばそこまで年会費無料のハードルは高くないかと思います。

また、セブンカード・プラスのnanacoは発行手数料は無料ですので年間5万円以上使う方にはおすすめのクレジットカードです。

nanacoチャージのポイント還元率は0.5%ですが、2018年3月時点でnanacoクレジットチャージの還元率が1.0%を超えるクレジットカードはリクルートカードぐらいしかありません。

※2017年には楽天カードが2018年にはYahoo!Japanカードのnanacoクレジットチャージ改悪が行われています。

セブンカード・プラスはセブン&アイのクレジットカードですのでこうした改悪のリスクは低いと考えています。そのあたりは別の記事で解説していますので参考にしてください。

nanacoクレジットチャージでポイントが貯まるおすすめのカード2018

2018.03.14

nanacoチャージに使えるクレジットカードでポイントがたまるJCBカード

2017.08.22

まとめ

ここまでnanaco初心者が気になる年会費について解説してきました。もう一度この記事の内容を振り返ってみます。

  • nanacoの年会費は無料である
  • nanacoカードの発行手数料は300円
  • セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのキャンペーンで入手する
  • クロネコメンバーズのnanacoは無料だがクレジットチャージ不可
  • セブンカード・プラスは無料でnanacoを使うことができる
  • セブンカード・プラスの年会費は初年度無料
  • セブンカード・プラスの年会費は次年度以降年間5万円以上で無料になる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。