nanacoとしてクロネコメンバーズカードは使い道はあるのか



セブンイレブンなどで使える電子マネー「nanaco」。私も持っていて今では一番使う電子マネーになっています。普段の買い物はもちろん税金の支払いや公共料金の支払いにも使える点が優れていますよね。

そんなnanacoですが、発行手数料が300円かかりますよね。普段からよくセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する方にとってはあまり問題ないと思うのですが、普段これらのあまり利用しない方には抵抗がありますよね。

nanacoを無料で利用する方法はいくつかありますが、今回はクロネコメンバーズカードをnanacoとして使うのはどうなのかまとめてみました。

クロネコメンバーズカードnanacoとは

ヤマト運輸のサービスのひとつであるクロネコメンバーズと連携しているnanacoカードになります。公式サイトを確認していただけると無料で発行できることがわかります。

ただ、nanacoを無料で使うことはできるものの条件としてクロネコメンバーズを退会してしまうとnanacoとして使うこともできないようになります。

また、申込からすぐに使うことができるわけではなく発行まで2~3週間かかかるようなのでお急ぎの方にはあまりおすすめできません。

クロネコメンバーズnanacoはクレジットチャージできない

クロネコメンバーズカードnanacoは無料で発行できるといいましたが、nanacoとして使う場合に致命的なデメリットがクレジットチャージができない点です。

nanacoカードは種類も少ないですし紛らわしいですよね。同じnanacoなのに何故?と思いますよね。どうやらクロネコメンバーズの管理者がnanaco発行のセブングループではなくヤマト運輸が管理しているためクレジットチャージに対応できないようです。

私が思うにnanacoの真価を発揮するにはクレジットチャージが必須だと思います。これはnanacoに限らず他の電子マネーにもいえることですが、クレジットチャージすることでポイントがたまるメリットがありますからね。

特にnanacoを利用する場合、税金の支払いや公共料金の支払いに使いたいという方もいると思います。そのような方にはクロネコメンバーズのnanacoはおすすめできません。クレジットできないなら意味がないですからね。

私もクロネコメンバーズカードを持っていますが、クロネコヤマトは送るよりも受け取る方で使うことが多いのでカードを使う機会はほとんどありませんでした。なのでクロネコメンバーズをnanacoとして使う目的で作るのはおすすめできないですね。

nanacoクレジットチャージでポイントが貯まるおすすめのカード2018

2018.03.14

コンビニで公共料金をクレジットカード払いにする方法

2017.08.01

nanacoとクレジットカードで税金を安くする方法

2017.07.19

クロネコメンバーズの電子マネーは2種類ある

クロネコメンバーズカードには宅急便を使ってもらうための電子マネーがあります。これは宅急便の送料が割引になる電子マネーでクロネコメンバーズに搭載されているnanacoとは全く別の電子マネーとなります。

少しややこしいですが、別管理の電子マネーが1つのクロネコ電子マネーカードに入っていると思ってください。イメージとしては1つの財布にポケットが2つあるようなものです。

これらのポケットは互いに行き来できないようになっています。つまり、クロネコメンバーズ割でチャージした電子マネーをnanacoとして使うことはできないということです。

また、クロネコメンバーズ割の残高が残っている場合でもnanacoに移行して使うことはできない仕組みになっています。

まとめ

ここまでクロネコメンバーズのnanacoについて解説しました。以下クロネコメンバーズnanacoの特徴をまとめてみます。

  1. クロネコメンバーズカードは無料で発行される
  2. クロネコメンバーズカードの発行までに時間がかかる
  3. nanacoにクレジットチャージはできない
  4. クロネコメンバーズ割とnanacoは別の電子マネー

正直クロネコメンバーズカードのnanacoのメリットは無料で使えるということ以外はメリットを感じませんでした。クロネコメンバーズ割を使う方はいいのですが、nanacoとして使うにはあまりおすすめはできないです。

あくまでnanacoの方はおまけといった感じですね。やはりクレジットチャージができない点が痛いです。nanacoを活かすならクレジットチャージが必須だと思っているのでその点が残念です。

したがって、nanacoを無料で使う目的でクロネコメンバーズカードを作るより、セブンカード・プラスを作った方がいいと思います。セブンカード・プラスはクレジットカードですが、nanacoも一体になっていて手間が省けます。

セブンカード・プラスは年会費こそかかるものの年間利用が5万以上で無料になります。そんなに使わないという方はキャンペーン中にnanacoを申し込んでみてはどうでしょうか。ポイントのキャッシュバックで実質無料で作ることができますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。