nanacoにクレジットカードでチャージできない3つの原因と対策



公共料金の支払いにも使える電子マネー「nanaco」ですが、にクレジットカードでチャージするには事前登録が必要になります。nanacoにクレジットカードを登録できないという方は以下の記事を参考にしてみてください。

nanacoにクレジットカードが登録できない4つの理由

2017.07.07

ようやくnanacoにクレジットカードを事前登録できても今度はチャージができないと頭を抱えている方もいるようです。登録はできてもチャージできないと支払いができませんからね。そこでこの記事ではnanacoにクレジットチャージができないよくある3つの原因とどのように対応すればいいのか解説します。

クレジットカードの事前登録から24時間経過していない

nanacoカードにクレジットカードを事前登録してからnanacoにクレジットチャージができるまで24時間かかることに注意しましょう。

  1. nanacoカード発行
  2. 10日間後
  3. クレジットカード事前登録
  4. 24時間後
  5. nanacoクレジットチャージ可能

つまり、nanacoカードを新規発行した場合、11日間はクレジットチャージできないということになります。公共料金や税金の支払いでnanacoを使いたい場合、納期限に注意したいですね。

nanacoにチャージできる金額を超えてしまった

月にnanacoにチャージできる金額は20万円

nanacoカードにクレジットチャージできる金額が決まっていて、月に20万円までとなっています。この金額を超えてクレジットチャージすることはできません。

したがって、20万円を超えるような金額をクレジットチャージすることがあらかじめわかっている場合、その前の月から計画的なチャージを行うなどしましょう。またはもう1枚nanacoカードを作るかnanacoモバイルを利用するといった方法もあります。

クレジットカード会社の限度額を超えてしまった

nanaco自体にも限度額がありますが、クレジットカードそのものにも限度額があることに注意しなければなりません。カード会社の限度額を超えてしまった場合は、翌月にクレジットチャージするか別のクレジットカードを用意しましょう

また、クレジットカードは使うことで信用を上げて限度額を上げることもできます。

チャージ金額の合計が5万円を超えてしまった

nanacoカードにクレジットチャージした電子マネーは、一旦センターに預けられます。これがセンターお預かり分となります。センターお預かり分の電子マネーを使うためには、お店のレジやセブン銀行ATMで「残高確認」または「現金でチャージ」をする必要があります。

このセンターお預かり分の限度額は5万円となっていて、この金額を超えてクレジットチャージすることはできません。

例えば、センターお預かり分が0円の場合、1回目で30,000円チャージしたとき、2回目に20,000円を超えてチャージすることはできません。

その場合nanacoカードは、セブン銀行ATMまたはレジで残高確認をしましょう。nanacoモバイルはスマホで残高確認することもできます。

チャージできる回数を超えてしまった

nanacoカードにクレジットチャージするには限度額だけではなくチャージできる回数もあらかじめ決まっています。その回数を超えてクレジットチャージすることはできないので注意しましょう。

  1. 1日3回まで
  2. 1か月15回まで

したがって、1日に4回以上チャージすることはできません。この場合、翌日になればチャージすることができます。

なお、nanacoカード1日3回でクレジットチャージできる限度額は9万円になります。ただし、9万円チャージするためには2回セブンイレブンで残高確認を行う必要があります

まとめ

この記事ではnanacoカードにクレジットチャージできない主な原因を解説しました。以下この記事のポイントをもう一度まとめておきます。

  1. チャージできる合計金額は5万円まで
  2. 1日にチャージできる回数は3回まで
  3. 1か月でチャージできる金額は20万円、回数は15回まで

nanacoにクレジットチャージできない多くの原因は上で紹介した制限に引っかかっていることが考えられます。その場合、翌日や翌月になればnanacoにクレジットチャージすることができるので安心してくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。