nanaco5万円以上の支払いをするときに注意すべきこと



セブンイレブンなどで使える電子マネーnanacoカード。nanacoカードは日常の買い物にも使えますが、セブンイレブンなら公共料金や税金の支払いにも使えるメリットがあります。

そんな時1枚のnanacoカードにチャージできる限度額は5万円となりますので5万円以上の支払いが必要な場合困りますよね。

日常の買い物程度なら5万円以上使うことはほぼないと思いますが、税金や公共料金の支払いで5万円以上の支払いが必要なケースがあると思います。

そこでこの記事ではnanacoで5万円以上の支払いをする方法をまとめてみます。

nanacoに5万円以上チャージする手順

nanacoカードの限度額は5万円までとなっていますが、実は5万円以上の金額をクレジットチャージする方法があります。5万円以上のチャージをするおおまかな流れは以下の通りです。

  1. nanacoホームページからクレジットチャージを選択する
  2. 3万円をチャージする
  3. 次に2万円チャージする

nanacoに一度にチャージできる金額は3万円となっているので5万円チャージするには3万円チャージ後2万円チャージする流れになります。

ここまでチャージした5万円はすぐにnanaco電子マネーとして使えるわけではなくセンターお預かり分となっているはずです。

ここから5万円以上のチャージするには一度セブン銀行ATMで残高確認を行う必要があります。その後再び、3万円チャージします。

ここから残り2万円をチャージするのですが、nanacoカードは1日にチャージできる回数が3回と決まっていますので日付が変わるのを待ちます。日付が変わったら残りの2万円をチャージします。これで以下のようにnanacoに反映されているはずです。

  • センターお預かり分:5万円
  • カード内残高:5万円
  • 合計:10万円

セブンイレブンでnanacoを使って5万円以上会計する

nanacoのセンターお預かり分とカード内残高が10万円になりましたらいよいよセブンイレブンのレジで会計となります。その手順は以下の通りとなります。

  1. カード内の残高の5万円を使って支払う
  2. 店員に残高確認をお願いする
  3. センターお預かり分の5万円が反映される
  4. 残りの金額を支払う

以上が5万円以上の金額をnanacoで支払う方法になります。ここで注意する点は混雑時や混雑する時間帯は避けた方がよいということです。

nanacoの操作に慣れていない店員さんがいるかもしれませんし、できる限りベテランの店員さんがいるレジで会計した方がよいかと思います。

nanacoカードを2枚用意する

nanacoで5万円以上支払う場合、上記の方法だと残高確認を何度もする必要があります。また、チャージするために日付をまたぐ必要があるのでやや面倒だと思うかもしれません。

そのような場合はnanacoカードを2枚用意するという方法があります。この方法であれば10万円以上の支払いにも対応できます。

ただし、複数枚のnanacoを使って5万円以上の支払いをする場合、クレジットカードも同じ枚数用意する必要があります

一枚のnanacoカードに紐付けることができるクレジットカードは1枚となるためです。nanacoクレジットチャージに対応しているクレジットカードが複数必要なためややハードルが高いです。

一応面倒な作業が必要になりますが、nanacoカードの紐付けを解除することで1枚のクレジットカードでチャージすることもあります。

nanacoに1枚のクレジットカードで複数チャージする方法

2017.07.14

nanacoのクレジットカードを変更するときに気を付けたい2つのこと

2017.07.12

nanacoにクレジットカードでチャージできない3つの原因と対策

2017.07.08

nanacoにクレジットカードが登録できない4つの理由

2017.07.07

nanacoモバイルを併用する

nanacoで5万円以上の支払いをする場合、通常のnanacoと組み合わせてモバイルnanacoで支払うという方法があります。

モバイルnanacoはお手持ちのスマートフォンがおサイフケータイ対応であればスマホをnanacoとして使うことができます。

私は残念ながらおサイフケータイ対応のスマホを持っていないので試したことがありませんが、お持ちのスマホがおサイフケータイ対応であればnanacoカードと組み合わせて5万円以上の支払いができます。

また、10万円以上の支払いも可能ですが、上で紹介したように残高確認を何度も行う必要があります。

できるだけ5万円以上にならないようにする

ここまでnanacoで5万円以上の支払いをする方法を紹介しましたが、残高確認を何度もする必要があったりとやや面倒な作業が必要になります。

nanacoで5万円以上の支払いが必要な場合の多くは税金の支払いだと思いますので分割可能であれば分割することをおすすめします。

上で紹介した5万円以上の支払いをする方法はどうしても分割できない場合に限定して使ってみてくださいね。

まとめ

この記事ではnanacoで5万円以上の支払いをする方法をまとめてみました。ここでもう一度この記事の内容を振り返ってみます。

  • 5万円以上の支払いには残高確認を何度もする必要がある
  • nanacoカードを2枚以上用意する
  • nanacoモバイルと併用する

この記事で紹介した5万円以上の支払いをする方法は普段使うことはないと思いますが、税金の支払いなどどうしても必要な場合にのみ使うことをおすすめします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。