住民税はクレジットカード払いでコンビニがおすすめ



住民税をクレジットカードで支払うことができることはご存知でしょうか。クレジットカードを使ったときに一番お得になるのが税金の支払いになります。

現金で払ってもクレジットカードで払っても住民税の金額は変わりません。そのためクレジットカードで支払ったときにたまるポイントの分お得になります。

クレジットカードのポイントは数%ですが、税金は金額も大きくなるので住民税の支払いをクレジットカード払いにしたいところです。

ただし、住民税をクレジットカードで払う場合には注意してほしい点があります。この記事では住民税をクレジットカードでお得に支払う方法を紹介します。

住民税はコンビニで

コンビニで住民税を支払う場合、払込票を持っていくのですが、クレジットカードで払うことはできません。しかしながらコンビニで住民税をクレジットカードで払う方法があります。

  1. セブンイレブンでnanacoで払い
  2. ミニストップでWAON払い

このように上の2つのコンビニであれば電子マネーで住民税を支払うことができますよ。

これらの電子マネーはクレジットカードでチャージすることができます。したがって、住民税を直接コンビニでクレジットカード払いにはできませんが、間接的にクレジットカード払いにすることができるというわけです。

個人的には住民税はミニストップよりもセブンイレブンでnanacoで払いがおすすめです。というのもミニトップは店舗数がセブンイレブンに比べ少ないからです。ミニトップ自体がない都道府県も多いのでコンビニ払いはセブンイレブン一択だと思います。

なのでこの記事ではセブンイレブンでnanaco払いを例に紹介していますが、ミニストップでWAON払いでも同じようにできますよ。チャージするクレジットカードの種類が違うだけです。

nanacoにポイントがたまるクレジットカード

住民税をセブンイレブンでnanaco払いにする前に持っているクレジットカードがnanacoチャージのポイント対象か確認しておく必要があります。せっかくnanacoにクレジットチャージしてもポイント付与の対象外のカードだったら節約になりませんからね。

私がnanacoチャージでおすすめのクレジットカードは以下の4枚になります。

nanacoチャージでクレジットカードのポイントがたまる4枚を厳選!!

2017.07.03

これらのクレジットカードはnanacoチャージ以外でも使い道が多いのでおすすめですよ。

住民税は分割にする

住民税は一括で払うこともできますが、4分割で払うことをおすすめします。というのも住民税は一括払いでも分割でもトータルで払う金額は同じになります。

nanacoにチャージできる金額は5万円までになっています。5万円を超えるとnanacoやクレジットカードが複数枚必要になってしまいます。なのでできる限り1回の支払いが5万円以内になるように調整したいとことです。

一応1枚のnanacoでも「センターお預かり」を利用することで10万円まではクレジットチャージすることができますよ。ただ何回も残高確認をすることになるので面倒ではあります。詳しくは別の記事で解説しています。

nanacoに1枚のクレジットカードで複数チャージする方法

2017.07.14

市町村によっては直接クレジットカード払いもできる

実は住民税はコンビニにわざわざ支払う以外にも市町村のホームページやYahoo公金支払いでクレジットカード払いができます。

また、nanacoにチャージでポイントがたまるクレジットカードは限られていましたが、「Yahoo!公金支払い」ではほとんどのクレジットカードを使うことができます。

一見すると住民税はコンビニよりYahoo!公金支払いで支払う方がいいように思えますが、デメリットがあります。

  • 対応している自治体が限られる
  • 手数料が別途かかる

お住まいの市町村が住民税のYahoo!公金支払い対応自治体か確認していただければわかりますが、クレジットカード払いに対応していない自治体も多いです。

また、住民税を直接クレジットカード払いにする場合、納税額の1%前後手数料がかかってしまいます。クレジットカードの還元率が1%以上のカードを使ったとしても手数料でほぼ相殺されてしまいます。一方でコンビニ払いであれば電子マネーなので手数料はかかりません。

まとめ

住民税をクレジットカードで支払う場合、お住まいの自治体がYahoo公金支払いに対応していればそちらで支払ってもいいと思います。ネット決済なので時間短縮になります。

ただし、手数料がかかってしまうので節約にはなりません。住民税をクレジットカードで少しでもお得に支払いたいならセブンイレブンでnanaco払いにするのがおすすめです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。