コンビニで買えるクレジットカード「Vプリカ」とは



ネットショッピングをしているとたまにクレジットカード払いにしか対応していないサイトがありますよね。そのようなサイトで購入したいものがあった際にクレジットカードを持っていないがために購入をあきらめていた方もいるのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードを持っていない場合でもコンビニで買えるクレジットカードがあるのはご存知でしょうか。

それがインターネット専用のクレジットカード「Vプリカ」になります。今回はそんなコンビニで買えるクレジットカード「Vプリカ」を徹底解説していきます。

クレジットカードとVプリカの違い

まず、コンビニで買えるクレジットカード「Vプリカ」とクレジットカードとの違いについて解説します。VプリカはVISAのクレジットカードが使えるサイトであれば世界中どこでもクレジットカードと同じように使うことができるのですが、厳密には細かい違いがありますので下に表でまとめました。

  Vプリカ クレジットカード
審査 なし あり
銀行口座 不要 必要
カードの氏名 ニックネーム可 本名
カードの形態 カードなし プラスチックカード
カード利用タイミング コンビニ/ネット購入後すぐ カード到着後
利用可能額 Vプリカ残高まで カードの限度額内
引き落としのタイミング 商品購入時 後日まとめて
年会費 無料 有料(無料のカードもある)
セキュリティロック 対応 一部のカードのみ

Vプリカは審査がない

Vプリカにはクレジットカードのような審査がありません。また、コンビニで買えるので銀行口座も用意する必要がありません。

Vプリカは日本に住んでいる18歳以上であれば誰でもアカウントを作ることができます。また、Vプリカにはアカウント不要のVプリカギフトがあります。こちらもコンビニで買うことができます。

カード情報を会員情報ページで確認する

Vプリカにはクレジットカードのようにプラスチック製のカードが送られてくるわけではありません。Vプリカはコンビニなどで購入後以下のカード情報をVプリカの会員ページで確認することになります。

  1. カード番号
  2. セキュリティコード
  3. 有効期限
  4. ニックネーム

これらの情報を各サイトで入力することでクレジットカードと同じように使うことができます。ちなみにVプリカの有効期限は発行から1年後の月末になります。

Vプリカの番号は使い切り

Vプリカはクレジットカードと違いカード番号がすべて使い切りになります。海外のサイトなどクレジットカードの番号を入力するのが不安な場合があると思います。

そのような場合でも番号は使い捨てなので悪用されても上限以上は使用されることはありません。

Vプリカの2つのセキュリティ対策

Vプリカにはインターネットで安全に買い物ができるように以下の2つのセキュリティ対策ができるようになっています。

  1. セキュリティロック機能
  2. VISA認証サービス

Vプリカを使わないときはアカウントを開設することで会員ページからロックをかけることができます。こうすることでVプリカ残高の不正利用を未然に防ぐことができます

また、VプリカはVISA認証サービスにも対応しているのでVISA認証サービスを利用した本人認証サービスが必要なサイトでも安全に利用することができます。

さらにクレジットカードのように利用明細を会員専用ページで見ることができますし、Vプリカの利用があるごとにメールで通知するように設定もできるので覚えの無い利用がないか等を確認することができます。

コンビニでVプリカを購入する方法

コンビニで買えるクレジットカードと説明した通り、Vプリカは下の各コンビニの端末を操作することで買うことができます。

  • セブンイレブン「マルチコピー機」
  • ローソン「Loppi」
  • ファミリーマート「Fami ポート」
  • サークルkサンクス「kステーション」
  • デイリーヤマザキ「サンプルカード」をレジへ持っていく
  • セイコーマート「サンプルカード」をレジへ持っていく

各コンビニごとに設置してある端末を操作し、購入したいVプリカの金額を選択。申込券が発券されるのでそれを持ってレジで代金を支払います。

するとVプリカ発行コードを受け取ることができるので、それをVプリカの会員専用ページで入力するとすぐに使うことができます。

ちなみにコンビニで購入できる金額は2000円3,000円5,000円7,000円10,000円5種類になります。ただし、デイリーヤマザキでは7,000円まで、セイコーマートでは5,000円までしか購入することができません。

Vプリカのデメリット

コンビニで買えるクレジットカード「Vプリカ」ですが、いいところばかりではありません。

手数料がかかる

Vプリカはコンビニで買えるのですが、手数料が別途かかることに注意しなければなりません。下の表はコンビニで買う場合の手数料になります。

利用可能金額 購入金額 手数料の割合
2,000円 2,200円 10%
3,000円 3,200円 6.7%
5,000円 5,200円 4%
7,000円 7,280円 4%
10,000円 10,390円 3.9%

この表を見て頂ければわかるように手数料の割合がかなり高いことがわかると思います。VプリカはインターネットのVISA加盟店であれば使える汎用性と引き換えに手数料がかかることに注意しなければなりません。

多くのクレジットカードのポイント還元率が0.5%~1.0%といわれている中、それをはるかに上回るような手数料がかかってしまいます。

どうしても使う場合は利用金額が高くなるほど手数料の割合が減るのでできるだけ高い購入金額で買うことをおすすめします。

また、コンビニで買えるプリペイドカードには使えるお店が限定されているものがあります。例えば、Amazonギフト券や任天堂プリペイドカードなどです。

これらのプリペイドカードは使えるお店が限定されているためVプリカのような汎用性はありません。しかし、たいていの場合購入金額=利用可能金額で買うことができます。それらのお店を利用する場合はVプリカではなくそちらを使うことをおすすめします。

Amazonギフト券をコンビニでクレジットカードよりお得に買う方法

2017.07.28

また、3ヶ月以上使用していないVプリカは、125円が休眠カード維持費として残高から引かれるので注意が必要です。3ヶ月以上使用しない期間がある場合はAmazonギフト券などに換えることをおすすめします。

Vプリカには払えないものがある

VプリカはたとえVISA加盟店であっても月額料金など一定期間の支払いがあるものに関しては払うことが支払うことができません。

例えば、公共料金やインターネットのプロバイダー料金などです。そのような料金を支払いは素直にクレジットカードで払いましょう。

また、Amazonプレイムの登録にはクレジットカードが必要ですが、Vプリカはクレジットカードの代わりに使うことはできません。

Amazonプライムはクレジットカード以外では登録できない

2017.07.21

高額な商品に使うことができない

Vプリカは複数のカードをまとめて1つの商品を購入することはできないので注意しましょう。ただし、複数のVプリカの残高を合算することで新しいVプリカとして使うことはできます。その場合でも限度額は10万円となるのでそれ以上の買い物には使うことができません。

まとめ

ここまでコンビニで買えるクレジットカード「Vプリカ」を紹介してきました。Vプリカはクレジットカードを持っていないが、ネットショッピングをしたい方や海外サイトなどを使う場合におすすめできます。

クレジットカードと違い仮に悪用されても被害は最小限に抑えられる反面、手数料の割合が高いためお得に買い物をしたい場合はおすすめできません。

買い物をするサイトによりますが、専用のプリペイドカードがコンビニで売っている場合そちらを使った方がいいかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。