クレジットカードのコンビニでの使い方を徹底解説します



クレジットカードを持っている方でもコンビニで使ったことがあるという方は少ないのではないでしょうか。いまだにコンビニに行くと現金で支払う人を多く見かけます。

おそらくコンビニでクレジットカードを使わない理由は次の3つだと思います。

  1. コンビニでクレジットカードを使うのは恥ずかしい
  2. コンビニの店員に迷惑ではないのか
  3. クレジットカード=高額なものに使う

コンビニでクレジットカードを使うことをためらうのはこのようなイメージを持っているからではないでしょうか。

しかしながら、一回コンビニでクレジットカードを使うと驚くほど便利であることがわかります。私の場合コンビニではクレジットカード一体型の電子マネーを使うことが多いのですが、一度使うと現金払いには戻れなくなりました

そこでコンビニの支払いが現金払い派の方でもクレジットカードを使ってほしいのでコンビニでのクレジットカードの使い方を徹底解説します。

コンビニでクレジットカードを使う3つのメリット

上で説明したようにコンビニでクレジットカードを使うのをためらってしまう理由が3つありました。はたしてそれは本当なのでしょうか。そこでコンビニでクレジットカードを使うメリットを解説します。

会計が数秒で終わる

コンビニでクレジットカードを使う最大のメリットは会計が早いということ。現金払いだとどうしても小銭を探す手間がかかります。

小銭を使わずお札で払った場合、お釣りをもらわなければなりません。このように現金払いだと結構会計に手間がかかってしまいますが、クレジットカードを使えば、店員にクレジットカードを使うことを伝えるだけで済みます。

また、コンビニであれば原則サインもいりません1万円以上の支払いからサインが必要になりますが、コンビニで1万円以上使う機会はほとんどないと思うので気にしなくていいでしょう。

コンビニの少額支払いは恥ずかしいというイメージがある方も一度コンビニでクレジットカードを使ってみてください。レジが混んでいるときでもスムーズに会計が終わります

クレジットカードはコンビニの店員にも感謝される

今までコンビニのクレジットカード払いは店員にも迷惑がかかるのではというイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

しかしながら、上で解説したようにコンビニでの会計がスムーズになるというメリットは客だけでなく店員にも大きなメリットとなります

コンビニの店員の仕事は会計だけでなく発注や品出しなど多くの仕事があります。そのためレジが混雑している状況などではクレジットカード払いでスムーズに会計をすませることで感謝されるのではないでしょうか。

ポイントがたまる

コンビニでクレジットカードを使うと通常0.5%~1.0%ポイントがたまります。当然現金払いでは一切ポイントがつきません。

コンビニでは基本数百円の少額決済が中心という方も多いと思います。確かに数百円の利用だと数ポイントしかたまりません。

しかし、年間を通して考えると実は結構コンビニで使っていることがあります。例えば、還元率1.0%のカードで年間5万円使えば500円分のポイントがたまります。

コンビニでクレジットカードの使い方

コンビニでクレジットカードを使ったことがないという方は最初難しく考えがちです。しかし、いざやってみると驚くほど簡単に会計が終わることがわかります。

コンビニでのクレジットカードの使い方は以下の通りです。

  1. 財布からクレジットカードをだす
  2. 店員にクレジットカードを使うことを伝える
  3. 店員がクレジットカードの処理を行う
  4. レシートを受け取る

コンビニではサインや暗証番号を求められることは原則ないのであなたがやることは「クレジットカード払いでお願いします。」と店員に伝えるだけということになります。

電子マネー一体型のクレジットカードを使う

コンビニでクレジットカードを使うのは簡単なのはわかったと思いますが、それでも少額の決済にクレジットカードを使うのに抵抗があるという方も多いと思います。

そこでおすすめしたいのが電子マネー一体型のクレジットカードを使う方法です。電子マネーの場合もクレジットカードを使う場合と同じように店員に使う電子マネーを伝えてカードをかざすだけで支払いが完了します。

ポイントもクレジットカードでチャージすることで同じようにポイントもためることができます

電子マネー一体型のクレジットカードは以下のようなカードがあります。

  1. 楽天カード「楽天edy」
  2. 三井住友カード「iD」
  3. イオンカードセレクト「WAON」

このような電子マネー一体型のクレジットカードを1枚持っておくとコンビニでの会計がスムーズになるのでおすすめします。

私も楽天カードの楽天edyを使うことが多く、最近ではコンビニで現金を使うことがなくなりました。

まとめ

この記事ではコンビニでのクレジットカードの使い方を解説しました。クレジットカードのイメージはどちらかというと高額商品に使うイメージがあると思います。

しかしながら、この記事でも紹介してきたようにコンビニの少額決済にこそ使ってほしいと思います。正直コンビニで現金払いにするメリットはないと思います

また、クレジットカードをコンビニで使うのに抵抗があれば電子マネーにチャージして使うという方法もおすすめします。

これまでコンビニで現金しか使ったがない方もこの機会にクレジットカードを使ってみてくださいね。一度使うと現金払いには戻れなくなりますよ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。