コンビニでクレジットカードの使える方法を徹底解説!



クレジットカードが使えるコンビニは多いですが、クレジットカードを持っていてもコンビニでは現金しか使わないという方も多いのではないでしょうか。

私はコンビニで現金を使うのは財布の小銭が増えてきたときに使うぐらいでほとんど電子マネーかクレジットカードしか使わないようにしています、その方がポイントをためて使える、会計がスムーズになるためです。

わざわざ現金払いにするメリットってほとんどないと思うのですが、コンビニにくるお客さんを見ていると現金払いの方が多いような気がします。

コンビニの支払い金額は100円や200円などの少額になることも多いためクレジットカードを使うことに抵抗があるということでしょうか。電子マネーの場合はあまり抵抗を感じませんが、クレジットカードはそのような感覚があるのも理解できます。

またはコンビニでクレジットカードが使えることを知らない方もいるのかもしれません。そこでこの記事では主に日本の大手コンビニでクレジットカードの使える方法を解説していきます。

セブンイレブンで使えるクレジットカード

セブンイレブンの特徴はなんといっても電子マネー「nanaco」が使えるということ。通常コンビニではクレジットカードの支払いができますが、切手やはがき・金券類や公共料金の支払いは現金のみになっています。

しかし、セブンイレブンではnanacoで切手やはがき・金券類や公共料金の支払いができるのが大きなメリットになります。

nanacoとクレジットカードで税金を安くする方法

2017.07.19

ただし、切手やはがき・金券類や公共料金の支払いではnanacoポイントは付与されません。そこでクレジットカードの出番です。クレジットカードでnanacoにチャージすることでクレジットポイントがたまります

注意したいのがnanacoカードにチャージするクレジットカードはポイント対象外のカードもあること。詳しくは別の記事で解説していますのでそちらをご覧ください。

nanacoチャージでクレジットカードのポイントがたまる4枚を厳選!!

2017.07.03

セブンカード・プラス

セブンイレブンで使えるクレジットカードとしておすすめしたいのがこのセブンカード・プラスになります。

セブンカード・プラスの年会費は初年度は無料ですが、次年度以降は500円で前年度5万円以上の利用で無料になります。つまり、クレジットカードを月あたり4,000円弱使える方なら問題なく使えると思います。

さらにセブンカード・プラスはnanacoとしても使えるので上で紹介した公共料金の支払いなどで使う機会があればそこまで年会費無料のハードルは高くないと思います。

また、セブンイレブンでの支払い以外でも年会費無料の対象になるので他のクレジットカードで支払いをしていた分をセブンカード・プラスに切り替えてもいいと思います。

メインで使うコンビニがセブンイレブンで月に5,000円程度クレジットカードの支払いがある方おすすめします。

nanacoが無料で使える

nanacoカードは通常300円の発行手数料がかかります。他にnanacoを無料で使える方法はnanacoモバイルを利用するかキャンペーンで入手するしかありません。

また、nanacoカードにクレジットチャージするにはクレジットカードを用意する必要がありますが、セブンカード・プラスからnanacoにチャージできるのでその手間が省けます。

nanacoに1枚のクレジットカードで複数チャージする方法

2017.07.14

ローソンで使えるクレジットカード

リクルートカード

リクルートカードの特徴はどこで使ってもポイント還元率が1.2%のクレジットカードになります。さらにリクルートカードでたまるリクルートポイントはリクルートで使うことができるポイントですが、pontaに1:1で交換することができます

たまったポイントをローソンで使うことができますし、ローソン以外でためたポイントも使うことができる非常に便利なクレジットカードです。

また、リクルートカードはnanacoカードのクレジットチャージでもポイントがたまるクレジットカードです。リクルートカードはどのブランドを選んでもクレジットチャージでポイントがたまりますが、楽天edyにチャージしてもポイントがたまるVISAを選んでおくのがおすすめです。

楽天カードJCB

楽天カードマーンのCMでおなじみのクレジットカードですが、ブランドを選択する際JCBを選んでおくことをおすすめします。

理由はnanacoカードにクレジットチャージでポイントがたまるのがJCBになっているためです。セブンイレブンを普段あまり使わない方もいると思いますが、nanacoは公共料金の支払いにも使えるのでこのためだけにJCBを選ぶ価値があると思います。

また、楽天カードは電子マネー楽天edyを無料で付帯することができます。コンビニでクレジットカードを使うことに抵抗がある方は電子マネーを使ってみるのはどうでしょうか。nanacoなどと違って使えるコンビニが多い電子マネーです。

さらに楽天カードでは2017年からローソンで楽天スーパーポイントが2倍になるキャンペーンを実施しています。

nanacoのクレジットチャージは楽天カードをおすすめする3つの理由

2017.07.04

ファミリーマートで使えるクレジットカード

ファミマTカード

ファミリーマートをよく利用するならぜひ持っておきたいクレジットカードですが、ファミリーマート以外で使っても0.5%なのでほぼファミリーマート専用のクレジットカードです。

ただ、ファミマTカードは他のコンビニでクレジットカードで払うことができない公共料金の支払い、切手・はがき・プリペイドカードなどの支払いが可能です。その際ショッピングポイントは付与されませんが、クレジットポイントは付与されます。

したがって、還元率は0.5%なので公共料金の支払いなどはセブンイレブンで還元率1.0%以上のカードでクレジットチャージしたnanacoで支払うのがおすすめです。

まとめ

クレジットカードはコンビニでも使えることがわかっていても抵抗がある方もいると思います。そんな方は電子マネーを使ってみてはどうでしょうか。

クレジットカードから電子マネーにチャージすればポイントがたまりますし、コンビニでの会計がスムーズになりますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。