コンビニで公共料金をクレジットカード払いにする方法



税金などの公共料金はコンビニで払うことができますが、現金で払っている方もいると思いますが、それだともったいないと思います。

現金で払う場合クレジットカード払いのようなポイントが付かないためです。

しかし、普通に公共料金を払う場合現金しか受け付けていないコンビニが多いためクレジットカード払いができることを知らない方もいるのではないかと思います。

そこでこの記事ではコンビニで公共料金をクレジットカード払いにする方法を紹介します。

公共料金をコンビニで払う方法

公共料金をコンビニで払う場合振込用紙を持ってコンビニに行く必要があるのですが、すべての振込用紙がコンビニに対応しているわけではないことに注意しなければなりません。

そこでまずはコンビニで支払うことができる公共料金を解説します。また、直接クレジットカード払いに対応している場合コンビニで払うまでもないのであくまで直接クレジットカード払いにができない場合にコンビニで払うのがおすすめです。

振込用紙にバーコードがついている

コンビニで支払い可能な公共料金の振込用紙にはバーコードがついています。これはコンビニのレジで振込用紙のバーコードを店員さんが読み取るためのものです。

したがって、バーコードがない公共料金の振込用紙はそもそもコンビニで支払うことができないので注意しましょう。そのような場合はコンビニではなく郵便局で支払うようにしましょう。

振込用紙の期限切れに注意する

コンビニで公共料金を支払う場合振込用紙の期限に注意しなければなりません。振込用紙のバーコードの下をよく見るとコンビニでの受付期間が表示されています。

具体的にはバーコード下の数字の2段目一番左の6桁がその振込用紙のコンビニでの受付期限になります。ちなみにその数字が999999ならばいつでもレジで受け付けています。

ただし、公共料金の種類によってはコンビニ受付の期限が過ぎてもレジに通ることがありますので、一度コンビニに行って支払いができるか確かめることをおすすめします。もし、コンビニで支払いができなかった場合でもコンビニでの受付ができないだけで郵便局では支払うことはできます。

また、支払い期限自体が過ぎてしまった場合は各公共料金の窓口へ電話をして確かめるようにしましょう。

コンビニで公共料金をクレジットカード払いにする2つの方法

通常コンビニで公共料金の支払いでクレジットカード払いはできないようになっています。ただし、例外的にコンビニで公共料金をクレジットカード払いにする方法があります。

ファミリーマートでファミマTカードでクレジット払いにする

ファミリーマートでは他のコンビニでは認められていない公共料金をクレジットカード払いにすることができます。

ただし、ファミリーマートのクレジットカードであるファミマTカードのみ公共料金をクレジットカード払いすることができます。他のクレジットカードでは他のコンビニと同じようにクレジットカード払いにすることはできません。

また、ファミマTカードで公共料金をクレジットカード払いにした場合クレジットポイントとして0.5%還元されます。ちなみに公共料金の支払いでショッピングポイントは付与されないので注意しましょう。

このようにファミリーマートではファミマTカードであれば公共料金の支払いをクレジットカード払いにすることができますが、還元率が0.5%なので高いとはいえません。それでも現金よりはマシですが・・

また、ファミマTカードを持っていればいいのですが、持っていない場合公共料金の支払いのためにファミマTカードを作るのはあまりおすすめできません

ファミマTカードはファミリーマートをよく利用するなら持っておいて損はないクレジットカードですが、逆にファミリーマートを普段使わない方が持つ価値はほぼないと思います。

そこでコンビニで公共料金をクレジットカード払いにするなら次の方法がおすすめです。

セブンイレブンでnanacoで公共料金を支払う

nanacoはセブンイレブンで使える電子マネーですが、クレジットカードでチャージすることで間接的ではありますが、公共料金をクレジットカード払いにすることができます。

また、セブンイレブンではnanacoを公共料金をはじめ、金券類、切手、印紙、ハガキなどほとんどのサービスやものに使うことができます

ただし、nanacoで公共料金を支払ってもnanacoポイントは付与されないのであくまでポイントが付与されるのはクレジットカードでチャージしたときに限られています。

また、nanacoにチャージするクレジットカードによってはポイント対象外のカードやポイント還元率が低いカードがあるので注意しましょう。私のおすすめする還元率が1.0%以上のクレジットカードを別の記事で解説しているので参考にしてください。

nanacoチャージでクレジットカードのポイントがたまる4枚を厳選!!

2017.07.03

nanacoにクレジットカードを登録する

セブンイレブンで公共料金をnanacoで支払う前にnanacoとクレジットカードを紐付けしておく必要があります。詳しくは別の記事で解説しているので参照してください。

nanacoにクレジットカードでチャージできない3つの原因と対策

2017.07.08

nanacoにクレジットカードが登録できない4つの理由

2017.07.07

1枚のnanacoで5万円以上の公共料金を支払うには

1枚のnanacoカードにチャージできる金額は5万円までになります。5万円を超えた分を支払うには現金で支払うかもう1枚nanacoカードもしくはnanacoモバイルを用意する必要があります。

ただし、1枚のnanacoに紐付けることができるクレジットカードも1枚なので複数のnanacoを用意する場合クレジットカードも同じ枚数必要になります。

しかし、ある方法を使うと1枚のnanacoで10万円までは支払うことができます。詳しくは別の記事で解説しているので参照してください。

nanacoに1枚のクレジットカードで複数チャージする方法

2017.07.14

まとめ

ここまでコンビニで公共料金をクレジットカード払いにする方法を解説してきました。もう一度ここで内容をおさらいしておきましょう。

公共料金をコンビニで支払うには

  • バーコードの確認
  • 支払い期限に注意

公共料金をコンビニでクレジットカード払いにするには

  1. ファミリーマートでファミマTカードで支払う
  2. セブンイレブンでクレジットチャージしたnanacoで支払う

ファミリーマートでは確かに公共料金をクレジットカード払いにできますが、ファミマTカード限定なのがネックになります。

一方、nanacoはコンビニではセブンイレブンでしか使えない電子マネーですが、公共料金などセブンイレブンのほとんどの支払いに使えるのでコンビニで公共料金をクレジットカード払いにしたい場合こちらがおすすめです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。