軽自動車税をコンビニでクレジットカード払いにお得にする唯一の方法



軽自動車を持っている方なら毎年5月に軽自動車税を支払わなければなりません。このような支払わなければならないような税金はクレジットカード払いにして少しでも安くしたいところです。

軽自動車税は自治体によっては自治体のホームページからクレジットカード払いに対応していますし、自治体のホームページが対応していなくともYahoo!公金支払いからクレジットカード払いにすることができます。

確かにクレジットカード払いにすることでポイントの分安くすることができるのですが、どちらの方法で軽自動車税をクレジットカード払いにしても手数料がかかってしまいます

軽自動車税の負担を少しでも軽くするためにクレジットカード払いしているのに手数料をとられては意味がありません。

また、どちらの方法の使うことができない自治体もあるため注意が必要です。ただこれから紹介するコンビニでも払うことができるので住んでいる自治体を問わずクレジットカード払いで税金をお得にすることができます。

 

軽自動車税はセブンイレブンでnanaco払い一択

セブンイレブンではクレジットカード直接クレジットカード払いはできないものの電子マネー「nanaco」で軽自動車税を支払うことができます。nanacoはクレジットカードでチャージすることでクレジットカードのポイントがたまります。

nanacoにチャージしてポイントがたまるクレジットカードは限られますが、チャージするだけでポイントがたまるのでその分軽自動車税を安くすることができます。

セブンイレブンでnanacoで軽自動車税を支払った場合nanacoポイントは付与されませんが、チャージした時点でクレジットカードのポイントはしっかり付与されるので現金払いより断然お得ですよ。

nanacoにチャージしてポイントがたまるクレジットカードは以下の記事で紹介しています。

nanacoチャージでクレジットカードのポイントがたまる4枚を厳選!!

2017.07.03

このようにnanacoにチャージしてポイントがたまるクレジットカードは限られていて、ポイント還元率もクレジットカードによって0.5%~1.2%のクレジットカードまで様々です。

ポイントを重視するなら上の記事を参考に還元率1.0%以上のクレジットカードを選ぶことをおすすめします。また、1枚だけ選ぶならnanacoチャージ以外にも使い道が多い楽天カードJCBがおすすめですよ。

nanacoのクレジットチャージは楽天カードをおすすめする3つの理由

2017.07.04

ミニストップでWAON払い

ミニストップはイオングループのコンビニです。WAONはイオンの電子マネーなのでnanacoと同じようなことがミニストップでもできます。

ただし、ミニストップはセブンイレブンと比較すると店舗数が少ないコンビニですし、店舗自体がない都道府県も多いです。

まとめ

ここまで軽自動車税をコンビニでクレジットカード払いでお得にする方法を紹介しました。お得になる金額自体はあまり大きくないのですが、現金払いだと普通はできない方法になります。

毎年、軽自動車税は払わなければならない税金なので1回コンビニで払ってしまえば同じ方法が使えるので少しでも税金の負担を軽くしましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。