コンビニでの振込をクレジットカードでお得にする2つの方法



あなたはコンビニでの公共料金や税金などの振込はどのようにして支払っていますでしょうか。おそらく現金という方も多いのではないでしょうか。

本当は少しでもポイントがつくクレジットカードを使ってお得にコンビニで振込できればいいのですが、原則としてコンビニで振込用紙を使って振り込むときにクレジットカードを使うことができません

そこで間接的にクレジットカードを使うことでコンビニでの公共料金や税金の振込でポイントをためることができる方法を解説します。

コンビニでクレジットカードによる振込ができない理由

コンビニで振込用紙を使って振込むことを収納代行と呼びます。先に述べたように収納代行は原則としてクレジットカードを使うことができません。大手コンビニのほとんどはクレジットカードでの振込を受け付けておらず現金による振込しかできません。

振込用紙による振込はコンビニが他の会社の決済を代行しています。この時コンビニは収納代行手数料を受け取ることができます。

一方、クレジットカード払いはコンビニが決済金額の数%の決済手数料を支払う仕組みになっています。

つまり、コンビニが振込用紙のクレジットカード払いを許可してしまうと振込用紙の金額によってはもらえる手数料よりもクレジットカード払いによる決済手数料が上回ってしまうと赤字になる可能性があります。

また、同じ理由で切手・はがき・印紙金券類もコンビニでクレジットカード払いができません。

クレジットカードで振込ができるコンビニ

先に述べたように原則としてコンビニではクレジットカード払いで振込むことができません。しかしながら、例外としてクレジットカード払いで振り込むことができるコンビニがあります。

セブンイレブン

大手コンビニのセブンイレブンですが、原則クレジットカードでの振込はできません。しかし、実はセブンイレブンで使える電子マネー「nanaco」であれば通常できない振込ができます。これを利用して間接的にクレジットカードを使うことができます。

セブンイレブンでnanacoを使って買い物をした場合100円で1ポイントたまりますが、振込などの収納代行の場合だとポイントがたまりません。

そこでクレジットカードでnanacoにチャージする必要があります。ただし、クレジットカードによってはポイントがつかないカードがあるので注意が必要です。

また、還元率も0.5%~1.0%とチャージするクレジットカードによって変わってきます。還元率が1.0%以上のクレジットカードは、楽天カードJCBリクルートカードYJカードJCBがあります。

【kanren postid = “365”]

さらにセブンイレブンの特徴としてnanacoが使えないのは電子マネーのチャージnanaco発行手数料のみとなっているため、通常コンビニでクレジットカード不可の振込や金券類、切手などもnanacoで支払うことができます。

ファミリーマート

通常コンビニではクレジットカードで支払いができない振込ですが、ファミリーマートのファミマTカードだけは例外的にクレジットカード払いができるようになっています。

これはファミマTカードは自社のクレジットカードであるためコンビニ側が払う手数料が抑えられているためだと思われます。

あくまでファミリーマートでクレジットカードを使って振込ができるのはファミマTカードのみであり、他社クレジットカードを使うことはできません

また、ファミマTカードにはカードを提示した時に付与される「ショッピングポイント」とクレジットカードで支払ったときに付与される「クレジットポイント」がありますが、収納代行で付与されるポイントはクレジットポイントのみとなっています。

クレジットポイントは200円ごとにTポイントが1ポイントたまるので還元率は0.5%となります。

クレジットカードで振込できないコンビニ

上で紹介したセブンイレブンとファミリーマート以外のコンビニではクレジットカードで振込ができません。コンビニ大手のローソンも現金のみ受け付けています。サークルKサンクスなども同様です。

ポンタカードなどを提示してもポイントはつきません。

まとめ

この記事では通常コンビニではできないクレジットカードを使って振込を行う2つの方法を紹介しました。以下その2つの方法をおさらいしましょう。

  1. セブンイレブンでnanacoにクレジットカードでチャージして支払う
  2. ファミリーマートでファミマTカードを使う

コンビニで現金ではなくあえてクレジットカードを使う理由はポイントがつくからだと思います。そこでわたしがおすすめする方法はセブンイレブンでクレジットカードでチャージしたnanacoで支払う方法です。

ファミマTカードだとクレジットポイントしかつかないので還元率は0.5%です。一方、nanacoにチャージする場合クレジットカードによっては1.0%を超える還元率になります。

また、nanacoはセブンイレブンのほとんどのサービスで使うことができるので振込以外でもおすすめできる1枚です。クレジットカードと合わせて持っておきたいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。