アマゾン活用法コンビニでの支払いクレジットカードがない人向け



アイテムの取り扱い数も豊富で商品の到着も早いアマゾンですが、あなたはアマゾンの支払い方法をどのようにしていますでしょうか。

私はアマゾン利用歴は5年以上になりますが、これまでクレジットカードしか使ったことがないのですが、アマゾンでクレジットカードを使うのに抵抗があるという方も多いようです。

そこでこの記事ではアマゾンでクレジットカードを持っていない方やアマゾンでクレジットカードを使いたくない方でもお得にコンビニで支払う方法を解説します。

アマゾンの支払いをコンビニで行う方法

アマゾンの支払いを行いたい場合はアマゾンで購入したい商品をカートに入れた後コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを選択する必要があります。

以下対応しているコンビニとその支払い方法になります。クレジットカードと比べるとやや面倒ではありますが、クレジットカードを持っていない方でも日本にあるほとんどのコンビニで支払いができます。

  • セブン-イレブン
  • ローソン、ミニストップ
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア
  • セイコーマート
  • スリーエフ

支払いの際は、店頭設置端末(Loppi、Famiポート、Kステーション、クラブステーション)を利用してバーコードを発券していただくものと、オンライン決済番号(払込票番号)を店頭でお伝えしていただくものがあります。

アマゾンヘルプより引用

コンビニではクレジットカードを使うことができない

コンビニ支払いを選択した後、そのコンビニでクレジットカードを使うことはできないようになっています。つまり、アマゾンでクレジットカードを使いたい場合は、アマゾンの決済画面上でクレジットカード払いを選択しなければなりません。

つまり、コンビニ支払いを選択した場合、現金で支払う必要があります。クレジットカードを使った場合はポイント還元がありますが、現金なのでポイントがつかないのがデメリットになります。

アマゾンにはコンビニ支払いができない商品がある

私は普段クレジットカードを使って決済するのであまり意識していなかったのですが、アマゾンが販売する商品の中にはコンビニ支払い等を選ぶことができない商品があります。

例えば、kindle本やデジタルミュージックなどのデジタルコンテンツ一部のAmazonマーケットプレイスの出品者が販売・発送する商品にはコンビニ支払いができないようです。

また、お急ぎ便、お届け日時指定便やアマゾン定期便を利用したい場合もコンビニ支払いができないようになっています。

これらのサービスを利用するためにはクレジットカードを使う必要があります。

アマゾンでコンビニでお得に支払う方法

アマゾンでコンビニ支払いを行う場合、上で解説したようにクレジットカードを使う場合に比べるとポイントがつかない、コンビニ支払いができない商品があるなどのデメリットが多いです。

以下の記事でアマゾンでクレジットカードを使う場合にお得なカードを解説しているので参考にしてください。

Amazonでお得な3つのクレジットカードを還元率で比較

2017.06.02

しかしながら、クレジットカードを持っていないという場合やアマゾンでクレジットカードを使うことに抵抗があるという方もいると思います。そのような方でもコンビニでの支払いがお得になる方法があります。

Amazonギフト券チャージタイプ

通常アマゾンの商品をコンビニで支払う場合、現金で支払うことになるのでポイントがつきません。しかし、アマゾンギフト券のチャージタイプに限りクレジットカードを使った場合と同じようにポイントがつきます。

チャージ額 通常会員 プライム会員
5,000~19,999円 0.5% 1.0%
20,000~39,999円 1.0% 1.5%
40,000~89,999円 1.5% 2.0%
90,000円以上 2.0% 2.5%

中にはクレジットカードのポイント還元率に比べると現金チャージだとポイント還元率が低いのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。上の表を見て頂ければお分かりかと思いますが、最低でも0.5%プライム会員であれば1.0%の還元率になります。

一般的なクレジットカードのポイント還元率が0.5%~1.0%であることを考えると現金でアマゾンギフト券にチャージした場合でも大差がほとんどないことがわかります。

また、90,000円以上チャージする必要がありますが、最高還元率はアマゾンゴールドカードと同等の2.5%にもなります。

クレジットカードなしでアマゾンで買い物ができる

クレジットカードを持っていない場合やアマゾンでクレジットカードを使うことに抵抗がある方でもこの方法であれば安心してアマゾンで買い物ができます。

また、通常コンビニ支払いでは購入できない商品もアマゾンギフト券をチャージする方法であれば現金で購入できます。

Amazonギフト券の有効期限が10年ある

現金でチャージタイプを購入した場合ポイントで還元されますが、一度に購入する金額が多いほど還元率が高くなります。現金でチャージしたアマゾンギフト券の有効期限10年と長いため、まとまった金額をチャージすることをおすすめします。

チャージタイプは自動で利用可能になる

通常アマゾンギフト券を購入した場合、ギフト券の番号をアカウントに登録しなければなりません。しかし、チャージタイプは購入後自動的にアカウントに追加されます。面倒なギフト券の番号を入力しなくてもいいのですぐにアマゾンで買い物ができます。

コンビニに支払いに出向く手間が省ける

アマゾンでクレジットカードを使わずにコンビニで支払う場合、アマゾンで商品を購入するたびにコンビニまで支払いに行く必要があります。しかし、アマゾンギフト券であれば一度チャージしておけば面倒なコンビニまで支払いに行く手間を省くことができます

商品購入から発送までがスムーズ

アマゾンギフト券で購入した場合、決済後すぐに商品が発送されます。普通にコンビニで現金払いする場合、発送まで時間がかかかりますが、ギフト券であればクレジットカードを使ったときと同じように商品が届くまでがスムーズになります。

まとめ

この記事ではクレジットカードを持っていない人やクレジットカードを使うことに抵抗がある人におすすめのアマゾンの支払い方法を解説しました。

アマゾンギフト券チャージタイプであればクレジットカードを使った時とほとんど変わらない支払い方法にであるいえます

以下アマゾンギフト券チャージタイプを購入するメリットをまとめます。

  • チャージする金額によってポイントが付与される
  • 有効期限が10年ある
  • クレジットカードがなければ買えない商品も購入できる
  • コンビニにいく手間が省ける
  • 発送までが早い

このように通常のコンビニ支払いのデメリットになっていた部分がほとんどなくなっているので、クレジットカードを持っていない方も一度試してみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。