Amazonでお得な3つのクレジットカードを還元率で比較



大手通販サイト「Amazon」でクレジットカードを利用するユーザーにとって気になるのはAmazonポイントの還元率ではないでしょうか。

Amazonで少しでもお得に買い物をしたいところですが、実はほとんどのAmazonで購入した商品にAmazonポイントがつかないようになっていて一部の商品を購入した際のみAmazonポイントが付与されるようになっています

したがって、Amazonでお得に買い物するためには高い還元率のクレジットカードを使う必要があります。そこでこの記事ではAmazonユーザーにおすすめの還元率が高い3つのカードを徹底解説します。

Amazonポイントとは

Amazonを利用した際に還元されるAmazon独自のポイントになります。Amazonポイントの特徴として楽天やYahoo!ショッピングといった他の大手通販サイトと違いすべての商品にポイントが還元されるというわけではありません。

そこでAmazonでお得にポイントをためるにはクレジットカードをうまく使っていく必要があります。

Amazonポイントは1年間有効

たまったAmazonポイントは1ポイント=1円分としてAmazonで使うことができます。また、Amazonポイントの有効期限は、Amazonで商品を購入した日または最後にポイントを獲得した日から1年間有効になります。(Amazonマーケットプレイスの商品の購入も含む)

つまり、有効期限を迎える前にAmazonで商品を購入するかポイントを獲得すればその時点から1年間有効になります。なのでAmazonで頻繁に買い物をするような方はポイントの有効期限を気にする必要はなさそうです。

また、楽天やYahoo!ショッピングのような期間限定ポイントもないので、うっかりしてポイントを失効してしまうことがないのも特徴です。

Amazonポイントは還元されるのが早い

Amazonポイントは商品購入後仮ポイントとして還元されます。この仮ポイントはすぐに使うことはできません。商品が発送された日に確定ポイントへと変わります。このポイントはすぐに使うことができます。また、ダウンロード商品の場合はダウンロード完了後確定ポイントに変わります。

このようにAmazonポイントが還元されるタイミングが他の楽天やYahoo!ショッピングに比べかなり早いです。しかし、Amazonが発送する商品で代金引換を選択した場合、お支払いからポイントが使えるまで2週間~2か月程度かかってしまいます。

したがって、Amazonでお得に買い物をする場合クレジットカードを使うようにしましょう。

Amazonポイントは交換することができない

Amazonポイントは他のポイントサービスに交換することができないようになっています。また、Amazonポイントは換金したり、ポイントを獲得したアカウントでしか使うことができないようになっています。

Amazonでポイント還元率がお得なクレジットカード3選

Amazonでポイント還元率が高いクレジットカードを3つ解説していきます。

Amazon MasterCardクラシックは、三井住友カード株式会社が発行しているAmazon公式のクレジットカードになります。クラシックカードの年会費は初年度無料、翌年以降は1,350円(税込)となります。

しかし、1回以上のクレジットカード利用で翌年も無料になります。このクレジットカードをつくる人の多くは頻繁にAmazonを利用すると思うので実質年会費無料といっていいでしょう。

このクレジットカードをAmazon以外で利用した場合のポイント還元率は一般的なカードと同じく1.0%になります。これはAmazonポイントで還元されます。

通常の利用でのポイント還元率は1.0%ですが、Amazonで使った場合、1.5%の還元率になります。さらにAmazonプライム会員であれば2.0%の高還元率になりま

また、AmazonポイントはAmazonでしか使えないものの、商品配送後Amazonアカウントに自動的に加算されるの為、ポイント交換忘れの心配がありません。

初回入会で5000ポイント

Amazonクラシックカードは初回のみ5000ポイントがもれなくついてきます。これはクラシックカードのみで同じくAmazon公式のクレジットカードであるゴールドカードにはない特典です。

また、クラシックカードの本審査に通ると同時に自動でアカウントAmazonにポイントが付与されるのですぐに使うことができます。

即時審査で今すぐに使える

Amazonクラシックカードの申込時に「即時審査サービス」を選択すると、利用可能金額上限3万円ですが、仮カードとして「Amazonテンポラリーカード」がアカウントに発行されるので申し込んだその日からAmazonのお買い物で使うことができます。また、仮カードを使ってもポイントがたまります。

ただし、即時審査サービスを利用するには、対象の金融機関の引き落とし口座が必要になります。注意点としては、Amazonクラシックカードの審査が否決した場合、その時点で仮カードの利用もできなくなります。

仮カードを使ってAmazonの商品を購入して、商品の発送前に本審査が否決した場合、支払い方法を変更する必要があります。

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercardゴールドも三井住友カード株式会社が発行しているAmazon公式のクレジットカードになります。ゴールドカードの年会費はカード利用回数に関係なく年会費10,800円(税込)が発生します。

また、ゴールドカードはポイント還元率はクラシックカードと同じく1.0%になりますが、Amazonで使ったときのポイント還元率が2.5%とクラシックカードよりも高くなります。他にもゴールドカードにはAmazonをよく使うユーザーにとってうれしい特典があります。

Amazonプライム会員の特典が無料になる

Amazonプライム会員になるには通常3,900円(税込)の年会費が必要ですが、Amazonゴールドカードに入会するとこのAmazonプライム会員の特典が無料で使うことができます。Amazonプライム会員は、Amazonが力を入れているサービスでAmazonをよく利用する方にはおすすめのサービスになります。

Amazonプライム会員には主に以下のような特典があります。

  1. お急ぎ便・お届け日時指定便の配送料が無料
  2. 100万曲以上聴き放題のPrime Music
  3. Kindle本が毎月1冊無料になるKindleオーナーライブラリーさらにKindle端末が4000円引きで購入できる
  4. 映画ドラマアニメ見放題になるプライム・ビデオ
  5. 写真が容量制限無しで保存できるプライムフォト

Amazonプライム会員の特典はまだまだあるのですが、主なものを紹介しました。

自分はAmazonプライム会員なので普通にお急ぎ便を使うのですが、通常利用だと360円、当日お急ぎ便は514円と結構かかるようです。何度使っても無料で使えるのはありがたいです。

また、すでにプライム会員の方であってもゴールドカードが発行された場合、未使用月のプライム料金が返金されます。

ゴールドカードの年会費は420円にする2つの条件

ゴールドカードの年会費は10,800円ですが、条件を満たすことで実質年会費420円でゴールドカードを持つことができます。ゴールドカードは、通常、年3,900円かかるAmazonプライムの特典が無料で使えるので実質の年会費は6,900円になります。

そこからさらに2つの条件を満たすことで最大6,480円引きとなり、実質年会費420円とすることができます

マイ・ペイすリボへのご登録して年に1回以上カードを利用する(5,400円引き)

三井住友カード会社の自動リボ払いサービスである「マイ・ペイすリボ」に登録した上で年1回以上カードを利用すると年会費が初年度から5,400円引きになります。

しかし、毎月のリボ払い設定金額を超えると自動でリボ払いになるので注意が必要です。毎月リボ払いの設定金額以上の買い物をすると、年15%の手数料が発生します。そこでカード受け取り後にVpassにログインし最低支払額を最大に設定しておくことをおすすめします

毎月の設定金額を変更したらその金額を超えて買い物をしなければ通常のクレジットカードの一括払いと同じように使うことができます。

WEB明細書サービスの利用した上で過去1年間で6回以上の請求がある(1,080円引き)

WEB明細書サービスとは郵送で送られてくる紙の明細書に代えて、次回お支払金額がメールで送られてくるサービスになります。特にデメリットもなく年会費の割引も受けられるので利用しておきましょう。

ただし、年会費の割引が適用されるのは次年度以降で年12回ある請求のうち6回以上請求があることが条件となっています

Orico Card THE POINT

公式カード以外にもAmazonを利用するユーザーにお得なカードがあります。それがオリコカード・ザ・ポイントです。年会費が永年無料で通常のポイント還元率は1.0%です。

オリコモール経由で還元率が2.0%にアップ

オリコカードの通常利用のポイント還元率は1.0%ですが、Amazonや楽天などネットショップ利用で還元率0.5%がアップします。さらにネットショッピングサイト「オリコモール」を経由してAmazonを利用すると還元率が0.5%アップします。

したがって、オリコモールを経由する手間があるものプライム会員のAmazonクラシックカードの還元率と同等になります。

また、オリコカードは入会後6カ月間は、還元率が2.0%になります。その期間にオリコモールを経由するとAmazonゴールドカードの還元率よりも高い3.0%となります。

オリコポイントは有効期限がある

オリコモールを経由することで還元率がお得になるカードですが、オリコカードには最大のデメリットがあります。それはオリコポイントが1年で失効してしまうということです。以下にそれぞれのポイントの特徴をまとめました。

  1. Amazonポイントはポイント獲得や利用があれば有効期限が伸びる
  2. オリコポイントはポイント獲得に関係なく1年間でポイント失効
  3. AmazonポイントはAmazonでしか使うことができないが、たまったポイントはすぐに使える
  4. オリコポイントはポイント交換先が豊富にあるかわり、ポイントを使うには500ポイント必要

AmazonクラシックカードやゴールドカードはAmazonで買い物をしていればポイントの失効を気にする必要がありませんが、オリコカードの場合ポイントの有効期限に注意しなければなりません

オリコカードのポイント還元率は魅力的ですが、ポイントの失効の恐れがあるのでポイントの管理が重要になります。

また、有効期限に加えてオリコポイントは500ポイントためないと利用することができません。

つまり、500ポイントためるには年間5万円使う必要があります。メインカードとして使う場合5万円というハードルはあまり高くないが、サブカードとして使う場合や年間利用額が少ない場合はポイントを使う前にポイントの失効に注意が必要になりま

入会ポイントは確実にもらえるわけではない

オリコカードの公式ページをみると最大8,000オリコポイントもらえるキャンペーンをやっています。Amazonクラシックカードの5,000ポイントと比較してもかなりお得に思えるのですが、8,000オリコポイントをすべてもらうには以下の条件を満たす必要があります。

  1. オリコカードを新規入会特典で1000ポイント
  2. 期間中5万円以上オリコカードを利用する
    ・対象の携帯スマホ料金の支払いに使えば1500ポイント
    ・対象の電気料金の支払いに使えば1000ポイント
    ・入会時にキャッシング枠を設定すれば500ポイント
  3. 期間中15万円以上の利用で3000ポイント
  4. 入会時、マイ月リボの登録と5万円以上の利用で1000ポイント

このように8,000オリコポイントをもらうにはオリコカードを最低でも15万円分使わなければなりません

Amazonゴールドカードがクラシックカードよりお得になるポイント

Amazonの公式カードであるゴールドカードは、Amazon利用に限り2.5%の還元率になりますが、年会費がかかります。そこでどのぐらいAmazon利用すればクラシックカードよりお得になるのか解説します。

ゴールドカードを作る場合クラシックカードで入会して、切り替える

現在、5000円分入会ポイントが発生するのはクラシックカードのみとなっています。以前はゴールドカードにも入会ポイントが発生していたようですが、現在は、ゴールドカードには入会ポイントがつかないようになっています。

したがって、ゴールドカードが欲しい場合でもまずクラシックカードに入会して、5,000ポイントを受け取り後ゴールドカードに切り替えることをおすすめします

ゴールドカードで84,000円以上利用する

ゴールドカードの実質の年会費は420円です。プライム会員でクラシックカードを使った場合のポイント還元率の差は0.5%なので、84,000円以上利用することで年会費である420円分をポイントで帳消しにできます。

例えばAmazonで年間10万円の買い物をしたとなれば、カードによって以下のように購入ポイントが違ってきます。

  • クラシックカード(通常会員):1500ポイント
  • クラシックカード(プライム会員):2000ポイント
  • ゴールドカード:2500ポイント

このようにAmazonで年間84,000円以上利用するような方はゴールドカードがお得といえます。

まとめ

Amazonで買い物をする場合にお得なクレジットカードを紹介しました。以下の表にこの記事のポイントをまとめました。

 ポイント還元率実質の年会費ポイント特徴
クラシックカード2.0%(プライム会員)無料Amazonでのみ利用可能入会時5,000ポイント
ゴールドカード2.5%420円Amazonでのみ利用可能プライム会員特典
オリコカード2.0%(オリコモール経由)無料ポイント交換先が豊富ポイントに有効期限あり

Amazonクラシックカードやゴールドカードで還元されるAmazonポイントは付与されるタイミングが早く、アカウントに直接加算されていくのでポイント交換の手間がいりません。

その代わりポイントはAmazonでしか使うことができないようになっています。ただ、日常的にAmazonを利用するようなユーザーであれば問題ないでしょう。

このようにAmazonをメインに使うユーザーにとってはメリットしかないクレジットカードなのでぜひ持っておきたい1枚になります。

その際ご自身のAmazon利用予定額によってクラシックカードかゴールドカードを選ぶといいでしょう。ただ、三井住友カードなのでゴールドカード審査は厳しくなっています

クレジットカードの審査が甘い?カードの3つの選び方

2017.05.29

クラシックカードもプライム会員であれば還元率は2.0%とかなりお得なので審査に自信がない場合は、クラシックカードがおすすめです。また、はじめての場合も入会ポイントがもらえるのはクラシックカードのみになっているのでクラシックカードから作ることをおすすめします

一方オリコカードはオリコモールを経由することで2.0%の還元率になりますが、ポイントに有効期限があるのが最大のデメリットになります。

したがって、Amazonだけでなくほかのネットショップを使うようなユーザーにはおすすめできます。また、プライム会員ではない場合、還元率でクラシックカードより優位になります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ダイソン

現金をあまり持ち歩かないようにキャッシュレスを目指している個人ブロガーです。ネットショッピングが趣味でポイントを効率よくためるのが得意でクレジットカードやポイントカード、電子マネーの情報を発信しています。メインカードはリクルートカード、楽天ゴールドカード、Amazonクラシックカード。その他クレジットカード10枚以上所持。